起業したらインターネット集客をやらないといけないの?

2018.07.02 (月)

起業したらどうやって営業するのか?とにかく毎日人に会って売り込んでいく。その一方でインターネットで集客もやった方がいいのかもしれない・・・そんなふうに思っていないだろうか?インターネット集客はどんな業種にあっても必須だ。そしてサラリーマンのうちに絶対取り組みを始めておくことだ。本記事ではインターネット集客をどんなふうに始めていったらいいかをまとめた。

 

ビジネスにとって一番大切な入口は集客だ。いくら他にない商品サービスをつくったとしても存在を知ってもらわないと意味がない。知ってもらうことが全て。どうやって知ってもらうかに必死になる。逆に言うと起業して一番頭を悩ますのが集客ということになる。

 

安定的に集客できるようになっていればビジネスは安泰だ。起業前に集客の仕組みができていると経営はスムーズにスタートする。現実は、起業してから集客のしくみをつくり始めるケースが多い。集客のことを考えずに起業離陸してしまうと苦しい経営状態が待っていることになる。

 

実店舗を開業するときを想像してみよう。店のイメージはどうするか?物件をどうするか?内装はどうするか?什器はどうするか?資金調達をどうするか?こんな項目が頭に浮かぶ。たしかにすべて必要なことだ。ただどんなに素晴らしい箱をつくっても肝心のお客さまが集まっていないと売上は立たない。仕入れ、ローン返済など経費ばかりが掛かって手元の現金はどんどん減っていく。

 

これではまずとばかり駅前でチラシを配る、タウン誌に広告掲載する、広告料を払って看板PRをするなどする。ネット広告が有効ときいたので付け焼き刃で広告掲載を出す。でも思いつきでそんなことをやっても効果は出ない。単なる広告費の垂れ流し。赤字を増やすだけに終わる。

 

こんな事態にならないように起業前からインターネット集客の準備を始める。サラリーマンの間にやるべき集客はホームページだ。ホームページはきれいにデザインされた見栄えだけのものではない。自分のお客さまになりそうな人がよろこぶ有益な情報がわかりやすき蓄積されたものに価値がある。

 

蓄積していく方法はたった一つ。日々コツコツやっていくことだ。一気呵成にできる代物ではない。時間が掛かるということだ。目安として正しい手順で取り組んだとして最低1年は掛かるものと思ってほしい。起業後にこの積み重ねをするのは極めて難しい。なぜなら日銭を稼がないといけないから。

 

ホームページ集客の素晴らしいところは今まで更新したものがすべて資産になることだ。積み重ねれば積み重ねるほどコンスタントに集客できるようになる。毎日毎日人と会って売り込んでPRしてという終わりのない営業活動をしなくて済むようになる。

 

起業へ向けサラリーマンである今のうちからホームページを育てていこう。そのことが起業後のあなたの苦労を半減させる。たゆまぬ努力がお客さまを集めていく土台をつくっていく。「習慣にするまでは大変だったけどがんばってきてよかった!」そう思うときが必ずやってくる。肝に銘じておいてほしい。

 

→こちらも読まれています「起業の心構え大全」

 
遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業したらインターネット集客をやらないといけないの?

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP