テレワークを応用する車内ミーティングのススメ

2018.02.23 (金)

職場など一定の場所に縛られずにどこでも仕事ができるテレワーク。新しい働き方を具体化するためにどんどん取り入れていきたい考え方だ。企業でテレワークを導入するとなるとかなり大がかりなイメージになる。テレワークは身近なところでできそうなことから始めることが導入のコツ。本記事ではそんな身の周りでできるテレワーク体験談について書いてみた。

 

ミーティングは会議室でやるはフツーのこと。連絡会議ならまだしもアイデアを出し合う場を会議室でやっていても一向に前に進まない。「アイデアがある人!」と議長が質問したらいつも手を挙げる人は決まった人。そういう人の声は大きいので引きずられて進んでしまう。声の小さい人はただただ黙って座っているだけ。誰でもこんな光景を目の当たりにしたことがあるだろう。

 

そんなときにおすすめなのが車内でのミーティング。これが思った以上に効果がある。我が家では夫婦で毎日のように焚き火のベース事業をどうするかの思案をする。言ってみれば社内会議だ。さあ打ち合わせしよう!と自宅のリビングで顔を突き合わせてもなかなかうまくいかない。日常を脱していないのが原因のように感じる。

 

買い物に行くとき、目的地に出向くときは車を利用する。二人で車に乗っているときも何となく事業の話になる。「ここはこうしたいんだよなあー」「それって私はこう思うよ」「なるほど」「ということはこんなやり方があるかも」「あ、降りてきた!メモメモ。どこかに書いて!」こんなやりとりが自然発生する。

 

車内で二人とも通り過ぎる景色を見ているからなのか?何が効用なのかわからない。ただ不思議なほど頭が柔軟になる。話すことで整理がつく。発想力が倍増する。どんどんアイデアが湧き出してくる。降りてきたアイデアはその場で記録しないと忘れてしまう。そこで最近タクシーの運転手の日報のようにバインダーにはさんだメモ用紙をすぐに書けるように準備した。おかげでもメモが量産されている。

 
⇒外回りで導入できるプチテレワーク

 

ミーティングはオフィスに会議室でやる。これは単なる固定概念でしかない。今回は車の例を書いたが場所を変えてやってみるということに意味がある。手っ取り早いのオフィスの近くにある公園。さあ次のミーティングは早速外に出てみよう。見える景色を変えるだけでこんなにも視野が広がる。そのことを体感できるはずだ。車内ミーティングは車を運転しながらなのでくれぐれも安全には注意して。

 

遠距離でも自宅からできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: テレワークを応用する車内ミーティングのススメ

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP