起業におすすめの本って何ですか?と質問していたら要注意

2018.05.14 (月)

「起業におすすめの本って何ですか?」たまにこんな質問を受ける。正直毎回困ってしまう。名の通った本を紹介しても必ずしもその人に役にたつとは思えないからだ。というかその先を考えてしまうとクエスチョンが湧いてくるからだ。本記事では起業におすすめの本はなに?という質問から見えてくるものをまとめた。

 

多くの場合「起業におすすめの本は?」と質問してくる人には傾向がある。単に情報収集したい。とりあえずセミナーに参加した。ノウハウコレクター。自分としての考えがない。そんな空気感にあふれている。

 

残念なことだがそうなると本気で向き合おうという気持ちにもならない。自らが起業して数年間の実体験を持ち、かつ多くの起業家をサポートしてきた人間が目の前にいる。なのに本を知りたい・・・少なくとも今この場ではその人間から得られるものを全て引き出していこうという姿勢でいれないものだろうか。せっかくの機会をムダにしてしまうことになる。

 

一冊の本を読んでも響く箇所は読む人によって違う。それは読む人一人ひとり得たいものが違うからだ。これまで知り合いに勧められて読んだ本がいくつかある。そのほとんどが役に立たなかった。なぜだろうと考えてみた。その理由は自分から情報を取りに行っていないからだとわかった。

 

これまで役に立った本は名著と呼ばれるものよりもあまり知られていないものの方が多かった。近々講演があるからそのキーワードを検索してアマゾンで探した本やずっと頭の隅にあることが出張先で気になって手にとった本だったりする。もちろん良書と言われるものにはそれなりの価値がある。誤解なきように。

 

情報は自らが欲しいと思わないかぎり自分の中には入ってこない。「今この情報がどうしても欲しい!」その思いが強ければ書店に行ってもその分野の本が目に止まる。電車で広告をみていてもそのことが目に飛び込んでくる。つまり自分の中にアンテナが立っているか否かが重要な分かれ目になる。

 

起業におすすめの本は何ですか?と質問する前に今自分はどうしたいのかを明確にしよう。日々アンテナを立てていると自ずと読みたい本が見つかるはずだ。そしてその本こそがあなたにとって役立つ本になるだろう。起業には正解がない。自らが道を拓いていくことが全て。自分がどうありたいのかを軸足をしっかり持つことから始めよう。

 

遠距離でも自宅からでも気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業におすすめの本って何ですか?と質問していたら要注意

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP