起業に向いている人は自分の信念にもとづいてすぐ動ける人

2018.05.13 (日)

起業に向いている人はどんな人なのか?いくつかの視点がある。その中の一つに「自分が思う信念にもとづいてすぐ動く人」というものがある。自分の信念にもとづいてすぐ動くとはどういうことなのか?本記事では起業に向いている人の資質をまとめた。

 

サラリーマンをやっていた頃。現場やお客さまから見たら絶対こうだ、そう思うことが多々あった。それを実践しようと思ったら稟議なるものを通さないといけない。例えば自分が主任だったら課長の承諾を得る。課長は部長へ説明する。部長は本部長へ。本部長は役員へ。役員は専務へ。専務が社長へ。それでやっと事が進む。

 

この間に起こるのが伝言ゲーム。間に何人も入るので最後には自分が伝えたい真意は全く違う方向になってしまう。「オレが言いたいことはどこに行ったの・・・」そんな状況に陥る。それが組織の実態。何でお客さまにとって大事なことがすぐに実行に移せないのか、、、何度も何度も苦渋の思いをした。

 

お客さまへ向いて考えたとき今あるものは正しくない。ビジネスはお客さまありき。自分は正しい道を貫きたい。すぐにでも実行したい。そんな想いにかられるなら起業家思考だ。自分がこうだと思った信念にもどつき行動する。すぐに実践に変える。これこそ起業家の醍醐味と言える。

 

会社の常識は世の中の非常識という言葉がある。会社という枠組みの中で正しいと判断されることはお客さまから見たら間違っているということがある。組織の中ではみんな自分の保身に走る。保身に走るがためにシンプルな正解をどこかに葬り去ってしまう。おかしな話だ。

 

起業家になって日々やっていることを振り返る。その日その時これだと思うことをすぐに実践に変える。やってみると何かしらの結果が出る。もし結果が思わしくなかったらすぐに修正する。何度もこれを反復していると思う。そして今がある。

 

自分がやっている事業、責任は全部自分にある。だから自分の思うようにやる。そのことがうまくいかなかったとしても納得感がある。うまくいかなかったこと自体が次へのステップにつながる。お客さまに受け入れてもらえなかったらすぐに直す。この繰り返しが事業をホンモノに変えていく。

 

起業家は自分がやりたいと思ったことをすぐに実践に移せる立場。「今会社でやっていることは納得いかない。納得いくようにするためには人に委ねていても埒があかない。自分でやるしかない」そんな気概があるのならやってみよう。人生は一度きり。心からたのしく毎日を送ることが全てだから。

 
遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業に向いている人は自分の信念にもとづいてすぐ動ける人

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP