起業家にとっての健康は全ての礎と感じた体験談

2018.03.23 (金)

起業家にとってもっとも必要なものは何か?情熱、技術、人脈、知識・・・それより大切なものがある。健康だ。健康を失うと何もできなくなる。健康だとそのことに気づけない。本記事では健康を逸するとどんなことが起こるのかある日の体験談を記した。

 

今週は焚き火ベースに滞在している。ある朝トイレで少々気持ち悪くなった。二日酔い?でもそんなに飲んだつもりはない。そう思いながら水を飲んでまた床に着いた。それから数時間。またまた気持ちが悪くなり激しく嘔吐。その後悪寒と関節痛。前夜焼いて食べた二枚貝が原因だったのかもしれない。

 

その日は一日寝込んでしまった。こんな状態いつ以来だろう?おかげさまで丸二日飲まず食わずだった。その間は当然のごとく何もできなかった。焚き火ベース周辺でやろうと思っていたことも全てストップ。コラムも止まってしまった。いきなり業務閉鎖に追い込まれた。

 

あれもやろう、これもやろう。次はこんな展開だ。そのために目の前のこれを解決しないと。日々いろんなことが頭を巡る。やり始めたらどれだけ時間があっても足らないくらいだ。健康でさえいれば何だってできる。でも健康を逸したら何もできなくなる。

 

独立して8年、風邪らしい風邪もひかずに過ごしてきた。健康診断もおろそかにしてきた。そのツケだったのかもしれない。周囲にも検診に行けと言われ続けている。自分では若いつもりだが54歳。しっかり守るべきことはしないといけないのかもしれない。

 

起業家は健康第一だ。もちろんこれは起業家だけに限ったことでない。起業家が勤め人と違うところは自己管理だ。会社にいたら定期検診がある。義務づけられているので希望にかかわらずチェックできる。起業すると強制されるものはなくなる。

 

人里離れた場所で身動きできなくなったことで健康でいることの大切さを余計に感じた。自分のからだは自分が守る。常日頃から留意しておく。改めて心がけていきたい。

 

遠距離でも自宅からできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業家にとっての健康は全ての礎と感じた体験談

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP