人生振り返りは書き出し文章化することからはじまる

2018.06.12 (火)

自分が起業してなにをするかは一番の悩みどころだ。今までやってきたことはこんなことだから・・・、できることはこれだから・・・、そんな発想があるかもしれない。でもその前にやってほしいことがある。それが自分軸を決めることだ。自分軸があってその上にビジネスがある。本記事では自分軸を決めるベースになる人生振り返りについてまとめた。

 

天職塾には、未来地図&棚卸セッションというプログラムがある。その中に「じぶんいろいろ振り返りノート」という課題がある。ひと言でいうと、これまで自分が生きてきた人生を振り返り、その時その時のことを「文章化」して書き出すものだ。

 

——————————————
小学生、中学生、高校、20代、30代と年代ごとに、ひと言で言ったらどうなるかをタイトルをつけてみた。タイトルをつけることで、その時代が今の自分に残っていることは何か?つながっていることは何かを考えることができた。何を考えていたかを思い出すことができた。転機もわかった。

 

一連の作業の中から自分が何をやりたいかがわかってきた。こんなことをする機会は自分だけではないこと。日にちを切って強制されるからこそできたと思う。

 

昔のかすかな記憶をたどるとよみがえってきた。過去の体験が今やろうとしていることにつながっているとわかった瞬間、あーそうだったんだと思った。

 

こんな内容を書く機会はまずないと思う。過去をどんどんたどっていくうちに、今まで忘れていたことがだんだんと思い出されてきた。衝撃的な作業だった。
——————————————-

じぶんいろいろ振り返りノートを書いた人のコメントだ。

 

自分のこれまでを明確にするには頭の中だけで考えていても前には進まない。まずは目に見える形にすること。それが文章化だ。考えているだけではまとまらないことも文字にすることでわかるようになる。かつ文章にすることで散らかったものをまとめることにもつながる。

 

文章にして目に見える形にすると「自分はこんなことを考えていたんだ・・・」と再確認をすることができる。その結果、自分自身と向き合い自分の原点を見つけることができる。起業は続けていけてなんぼ。自分の内面にある「根っこ」から仕事をつくっていくことが重要になる。

 

起業でなにをするかの軸決めは、自分がこれまでに生きてきた人生を文章化することから始まる。ノウハウ集めに走る前にしっかり取り組んでほしい。

 
→こちらも読まれています「自分の強みの見つけ方8つの鉄則」

 

遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 人生振り返りは書き出し文章化することからはじまる

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP