人のつながりが新しい仕事をつくりだす基盤

2018.06.03 (日)

ビジネスは「人とのつながり」で出来上がっている。これまで曲りなりに事業をやってきて実感していることだ。なぜ人とのつながりがビジネスには不可欠になるのか?本記事では人のつながりで新しい仕事が始まった事例を紹介する。

 

ある日のこと。メンバー向けにフェイスブックセミナーを開催した。フェイスブックは人とのつながりを加速できるツール。活用のコツを知ってもらって仲間との応援力をさらに拡げてもらうことを目的にしていた。

 

人とのつながりはお互いを知り合いことから始まる。通常ビジネスでの付き合いというと、相手の仕事が何で自分にとってどんなメリットがあるのかだけに目が行きがちになる。でも本当のつながりは相手の「人となり」を知ることが大前提になる。

 

フェイスブックは自分の近況や思いを書き込めるメディアだ。些細なことだけどこんな出来事があった、あんなうれしかったことがあった、日々のちょっとした気持ちをつながりをもった人と共有できる。例えば相手のタイムラインを30秒でも見てみると、その人の日常を知ることができる。ひと昔前には考えられなかった世界。セミナーではそんなところを伝えた。

 

セミナーが終わった後は恒例の課外授業。場所を変えてお酒を飲みながらの交流ブレストだ。ここで人のつながりがまさにカタチになった話を聴いた。「この週末、Iさんが宮古島にキャンプツアー企画で行っているんですよ・・・」旅行会社を営むメンバーがアウトドア事業を営むIさんとコラボビジネスをつくったという話。半年くらい前にひょんなことから「それって面白そうですね」の立ち話で始まったとのことだった。

 

少し脱線するが、新しい仕事はこれこれこういう計画でさあ打合せをしましょうといったきちんとした場では生まれにくいもの。立ち話や雑談や飲み会の席でふと生まれるものが大半だ。これもフリーエージェントの仕事の創り方という醍醐味の一つと言える。

 

「Iさんのことを知っているからできたんですけどね・・・」旅行会社経営者は言った。この「知っているから」というところがキモ。何ができる、どんな仕事をしているだけだと足らない。「知っている」のは相手の「人となり」です。「人となり」を知っているから安心して任せされるということだ。

 

「人となり」があってその上に仕事が乗っかる。お互いの人となり+仕事を知り合う仲間づくり。今の今から始めていこう。起業を成功に導くものであるのはもちろんのこと、ビジネスを超えた人生としての財産づくりになるのだから。

 
→こちらも読まれています「人脈の正しいつくり方」

 

遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 人のつながりが新しい仕事をつくりだす基盤

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP