派遣社員で副業できるかといった次元で考えない

2018.07.10 (火)

派遣社員という立場をどう考えるだろうか?正社員になれなかったから仕方なく派遣になる。派遣社員だけだと収入がきびしいので副業はできるのか?そんな思いがあるかもしれない。本記事では派遣社員の最新事例をふまえた働き方についてまとめた。

 

派遣紹介サイトなどを見ると就業規則さえ確認すればできる・・・といったくだりが書かれている。でもその前に考えてほしいことがある。

 

日経MJ(2018.6.20版)には「ハケンの別格」という特集記事が掲載されていた。「技術進化の速い今、短期間で自由に仕事を変わり、いろんなスキルを身につけられる派遣はぴったりの働き方」新卒で入った電機メーカーを辞め、留学してMBAを取得、IOTエンジニアとして年収1000万円を稼ぐ人のコメント。

 

「安定雇用でない分、常に背水の陣で勉強を続けている」「大事なのは他の派遣先移るとき、絶対時給を下げずキャリアアップすること」とは派遣でコンサルティング業を行う人のコメント。

 

起業してマーケティング会社を運営しながら、週のうち半分を他社マーケティング部門で派遣として働く人。「最先端のトレンドが入ってくるので相乗効果が大きい」とのコメント。収入が不安定な起業アーリーステージにはあっていい働き方だ。

 

この三人に共通する点は何か?それは派遣を単なる働き方の一手段としてとらえていることだ。あくまで自分としてどういう道を歩んでいきたいかがあって、その結果が派遣という位置づけになっているだけだ。

 

天職塾FAAである一つのパターン。それは派遣社員として働きながら起業準備をするという形態。正社員でありながら起業準備をするとなるとかなり時間の制約を受ける。それなりに形にしていくためには時間をつくり出す必要がある。それができる方法だ。

 

もちろん妻子やローンがあって一定額以上の収入が必要な立場では難しい面もある。一人者であれば十分視野に置けるやり方と言える。派遣社員は働き方の一手段でしかない。要は自分がどうありたいかが先。

 

派遣で副業をするのなら収入補填のような考え方は捨てよう。あくまで将来自分が一本でやっていくためのプロセスととらえてほしい。派遣プラス副業といった働き方に未来はない。大切なのは自分が描く人生をどういう働き方で実現していくかだ。

 
→こちらも読まれています「自分らしい働き方の具体化」

 

遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 派遣社員で副業できるかといった次元で考えない

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP