今の仕事の延長線上から視野を広げてみよう

2018.05.06 (日)

「今の仕事の延長戦で起業を考えています・・・」最初の相談ではこんな切り出しからはじまる人がいる。本当にそれでいいのだろうか?起業してどうなりたいのだろうか?安易に現状を抜け出す手段として考えるのはNG。本記事では起業して何をするかの発想法についてまとめた。

 

現状から一刻も早く抜け出したい。でも自分に何ができるのだろう?毎日やっている仕事の中からしか発想が浮かばない。そもそも知識もスキルもない。となると今の仕事の延長線上でやれることを考えるしかない・・・そう思うのも無理もないことだ。

 

想像してみてほしい。今の仕事でそのままフリーランスになったとする。その仕事を同じようにフリーランスでやっている人は世の中にたくさんいるのではないか?果たしてその人たちは食べていけているだろうか?そもそもあなたはそれを仕事にしてたのしいと思うだろうか?

 

こんな質問を自分に問いかけてみよう。同じようにやっている人がたくさんいたら何かで特長を出さないといけない。特に「それを仕事にしてたのしいと思うか?」が重要。シンプルで本質的な質問だ。もしたのしくないのならその選択は間違っている。

 

あなたは何のために起業したいのだろうか?お金のため。自由のため。いろいろあるだろう。突き詰めればたのしく毎日を生きていきたいからではないだろうか?だったらたのしくない仕事を選んでも意味がない。

 

ちょっと視点を変えてみるとどうだろう。今の仕事をそれなりにやってきたのなら人一倍業界や現場に精通しているはず。今の延長戦だけでなく別の視点で考えてみてはどうだろうか?自分が今困っていること。困っていてもそれを解決する職種が存在しない。こんな仕事があったらいいなと思うこと。発想を広げる視点だ。

 

今、職種がないのならつくってみることにトライする。自分がやっちゃったらいい。起業は自分で仕事を創り出すことだから。これまで仕事や現場に精通してきたことを振り返ろう。話していて熱量の上がる時期。エネルギッシュに行動できそうなこと。今まで経験を存分に生かして新しい仕事を創ってみよう。

 

遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 今の仕事の延長線上から視野を広げてみよう

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP