起業したいのなら自分の中にスイッチが入ることを選ぼう

2018.05.21 (月)

起業してどんなことを仕事にしていけばいいのか?今自分ができることを選んではいけない。それよりも大切なことは熱く語れるものであること。そのことを訊かれたらスイッチが入るものであること。本記事では起業して選ぶ仕事の根っこになるものについてまとめた。

 

数年前のこと。とある朝のビジネスミーティングに参加した。そこでは「志を語る」ということがテーマになっていた。常日頃起業するには「なぜその仕事がしたいのか?」の軸を決めることの重要性を語っている。その意味で興味を感じていた。

 

ミーティングが始まると、まず冒頭近くにいる人とのペアワークが始まった。話し手と聴き手に分かれ先攻後攻を決める。聴き手は「あなたはどんな想いで仕事をしてきましたか?」と質問する。それに対し話し手は自分の想いを1分間で話す。その後、聴き手は聴いた内容に対し承認のフィードバックをするというながれだ。

 

「あなたはどんな想いで仕事をしてきましたか?」この質問にはスイッチが入る。質問されただけでエネルギーが湧き出す感覚だ。たった1分でも話し終えるとからだの中が熱くなっていた。とても1分では語り尽くせない。でも1分で伝えるところに意味があった。

 

「サラリーマン時代ご苦労されたんですね。三宅さんが出る杭になったのはきっと自分として正しいと思ってやったことが組織につぶされたということだと思います。そんなご自分の経験をこれから自分らしく生きていきたい人に伝えていきたいという想いが伝わってきました」

 

初対面で話した相手の方からこんなフィードバックをいただいた。第三者に話すときは絶対これ!と思っていたことと違う言葉で表現されていた。かなり新しい気づきになった。「口に出して人に話す」ことの重要性を再認識した。起業家にとって必要な言語化の力は、この「口に出す」ことの反復で身についていく。

 

起業家にとっての軸は「どんな想いで仕事をしてきたのか?」だ。これがあるから貫ける。これがあるからぶれない。今から起業を目指すあなたには「なぜその仕事なのか?」の答えをしよう。自分ができることから、こんなアイデアがあるから始める、需要がありそうながらやってみたい・・・では長続きしない。いったん全てをリセット。ゼロから仕事を創り出すための自分軸を定めていこう。

 
⇒こちらも読まれています「ぶれない自分の強みの見つけ方」

 
遠距離でも自宅からでも気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

お手軽通信講座 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業したいのなら自分の中にスイッチが入ることを選ぼう

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP