シニア起業実践者の事例


三科好造さん(57歳)

NPO法人女将さん運営

 

Q:天職塾へ入ったきっかけは?
仕事に生かす人脈づくりが目的で興味のあるコンサルタントやコーチのセミナーに参加していました。なかなか面白いと思うものがない中、たまたまドリームゲートで三宅さんのセミナーを見つけ参加しました。この人とは何となくフィーリングが合うなあというのが第一印象。これから起業する人へのコーチングに自分自身が興味を持ち、またそうした人たちが集まる場に居られることを目的に天職塾に参加しました。

Q:これまでのご経歴は?
日大芸術学部映画学科を卒業後、広告業界へ。販促専門会社にて大手クライアントのキャンペーンや販促企画制作を担当。その後組織に属さないスタイルで広告営業。42歳で独立。法的規制の煽りを受け受注が減少、借金を抱え断念。サラリーマンに戻り休みなく働き借金を返済。2011年11月NPO法人女将さんを設立。

Q:今やっているビジネスは?
夢に向かってがんばろうとしている人を応援する団体を運営しています。具体的にはそういう人へ成功するためのチャンスを与え、成功へのノウハウを教えるのではなく夢の実現に導く実戦学を体験してもらうことをサポートしています。これがNPO法人女将さんの事業ミッションです。
⇒NPO法人女将さんはこちら
【実績】ワタミのみんなの夢シンポジウム千葉プロジェクト運営プロデュース、千葉ハローワーク主催就職支援事業学生記者会見運営プロデュースなど人々に夢実現プロジェクトを提案して活躍のステージを創作している。

Q:今後の夢は?
夢や望みをもった人とコミュニケーション、情報、ノウハウを共有し、ビジネスをつくっていくことです。自分のやっていることを持ち寄って、それぞれを理解できる仲間づくりをしていきたいです。

Q:同世代の人たちへのメッセージ
人生には二つの生き方があると思います。一つは、サラリーマンの職務を遂行してさえいれば多少の凸凹はあっても安泰な何も考えなくていい生き方。同世代の昔の仲間に会うと部長職くらいにいる人もたくさんいる。でも仕事は重要なポジションではなくなりつつあり、あとはリタイアを待つだけ。活力を感じません。給料を下げられるとすごく暗くなったりします。私もそうでしたが(笑)もう一つは、たのしいことやつらいこともあるけど、どんどん自分で人生を切り拓く生き方。こうした世界の人たちには暗さがありません。何とか生きていく方法を自分で考え、がんばれば何とかなると思っています。ダンゼンいきいきしています。人間にはこのいきいき感が必要だと思います。私は何回も人生を繰り返すことができたらいいなあと思います。違った意味で何回も経験ができたら、こんなすばらしいことはありません。すべてを失う経験もしました。でも何とか乗り切ってきた。もしこの経験がなかったら人生はつまらなかったと思います。第二の人生、自分で切り拓いていきましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP