色とココロのコンシェルジュ(色彩心理の専門家)/佑貴つばささん

こんにちは。「色とココロのコンシェルジュ」佑貴つばさ(ゆうき つばさ)と申します。「会社で自分らしさを発揮できない。」「仕事にやりがいを感じられない。」これからどうしようか迷っている「転機をむかえた働くアラフォー女性」を「色」でサポートする。「色彩心理の専門家」です。

 

「色」を通して、自分と向き合う。色は、体験・記憶のイメージつながっています。惹かれる色は「あなたのココロのメッセージ」。「自分の気持ちを代わりに語ってくれる色」「その時に必要な色」を、人は無意識に選んでいます。それで「色」を通して「本当の気持ち」に気づくことができるんです。

 

仏ラグジュアリー・ファッションブランドに、アシスタント・セールスアナリスト・ビジネス企画管理マネージャーとして25年勤続。私自身も「塗り絵」に使った色から、自分の気持ちに気づいて、会社を辞め、起業しました。

 

女性社員が9割以上の会社に25年。その経験を活かしながら、同じ思いをしている働く女性の力になるべく活動しています。「今の自分は、本当の自分じゃない。」「女性のグループ行動が苦手だし、ここは合わない。」「でも、何がやりたいのか分からない。」私にも、そんな風にもがいた時期が何度かあります。私の場合は、自分の道を選択できるまで、長い道のりでした(笑)

 

子どもの頃から言葉による自己表現が苦手で、代わりに「絵」を描くことで自己表現していた私。小学校低学年の時、なりたかった職業は「画家」。絵が評価されることも多かったので、高校の時には美大への進学も考えて。でも、結局「自分の周りの多くの人と同じ道に」進学することを選びました。

 

社会人になっても、その気持ちが残っていて。20代半ば、夜間のデザインスクールに2年通って、ニットデザイナーを目指したことも。時間とお金を掛けたけれど・・・でも、またまた結局、その道に進むことはしなかった。「自分の周りの多くの人と同じ」会社員という道から逸脱することが、怖かったんですね。

 

2年通ったのに、スクールを卒業する頃には「これは、やりたかったコトじゃない。」と、悩んでしまい。アラサーは「結婚しなくちゃ。」という焦りもあって。「人と違うコトをする勇気」が持てなかったのかもしれません。それまで、心からの自分の意思で「自分の道を選択」したことがなかったから・・・

 

その後、書店でたまたま見つけた本で「色彩心理」と出会いました。「いつか仕事に」と漠然と思いながら、なかなかその道には進めませんでしたが、パーソナルカラーの資格取得や色彩検定受験など、少しずつは動いていました。そして、今から数年前にメンターから紹介されて、心理学を学び。次に、とうとう「色彩心理」を学び、色彩アートセラピストの資格を取得。

 

「絶対成功!好きなことで起業する」の本と出会い、天職塾の仲間に入れていただいたのは、ちょうどその時期です。私の起業準備「心の準備と物理的な準備の両方」が、一気に加速しました。

 

アラフィフで、やっと自分の道に踏み出しました。思い返せば、本当に長かったですね(笑)でも、歩き出すのに「遅すぎる。」ということはありません。日々新しいことばかりで、大変な時もありますが、今、私は毎日がとても充実しています。

 

クレヨン・色鉛筆で!「色彩表現」を通して、自分のココロの中にある「答え」を見つける。働く女性が「自分で自分の道を選択する」きっかけをつくるための、ワークショップやセッションを行っています。ご興味持たれたら、ぜひサイトをのぞいてみてくださいね。

 

レゼル・ド・マクルール ~私色の翼~ 佑貴つばさ 東京都中央区銀座7-5-4毛利ビル2F

▼シェアをお願い致します!▼

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP