好きなことで起業する方法がわかる本


「絶対成功!好きなことで起業できる」
アマゾンベストセラー「起業・開業部門」第1位獲得

 

★読書レビュー
▼起業というと、一般的にどんなイメージを思い浮かべるだろうか。ヒルズ族といわれた華やかなITベンチャーや、アメリカのシリコンバレーの若き経営者の姿だろうか。あるいは事業に失敗すれば家財も家族も失う、ギャンブルのような世界だろうか。どちらにしても多くの人には遠い世界、普通じゃない世界のように思えるだろう。

 

▼この本では、そんな起業のイメージは語られていない。ここに出てくるのはきらびやかで刺激的な言葉ではなく、すとんと腹におちてくるキーワードばかりだ。誰にでもあるような人生の浮き沈み、将来への不安、自分の存在意義、家庭や職場での悩み。それぞれに「モヤモヤ」を抱えた人たちが、前に進んでいくリアルな姿、生の声がつづられており、よい意味でイメージに囚われた読者の期待を裏切ってくれる。

 

▼著者は「モヤモヤ」は今を改善しようと思っているから起こるという。そして「モヤモヤ」を抱えた人は、新しい人生へ足を踏み出すことができるというのだ。そして、多くの人たちの「モヤモヤ」を解消し、背中を押してきた。

 

▼本書では、「好きなこと」で起業することを指南している。なぜなら、自分の情熱を傾けられることでこそ、自分の人生を切り拓いていけるからだ。ただしそれには正しい「準備」と「手順」が必要だ。そのエッセンスを、成功も失敗も含め、本音の体験談から取り出して教えてくれる。

 

▼起業とは、自由で、自分らしく、責任をもって、自分サイズのしあわせをつかむこと。この本を手にした人たちにとって、起業がもっと身近なものになれば著者としても望外の喜びではないだろうか。「モヤモヤ」を抱えている「これから」の人に読んでほしい一冊だ。

 

★はじめに(抜粋)
「今の仕事とやりたいことがつながらない」「職場で思うような仕事ができない」「今のままサラリーマンで生き続けることに不安がある」「いつか起業してみたいけど、具体的に何をしていけばいいのかわからない」「会社に左右されずに自由に自分の思うような仕事をしてみたい」「ダブルワークってどうなの?」「自分でも起業ができる?」「独立した後どうなるか不安」「自分の好きなこと、自分の力で生きていきたい」「何から始めたらいいのはわからない」

 

「起業前モヤモヤ相談カフェ」のみなさんの生の声です。毎日たくさんの方がいらっしゃいます。まさに「モヤモヤ」状態です。

 

「こんな何も決まっていない状態で来てしまいましたが大丈夫でしょうか?」

 

ほとんどの方がそうおっしゃいます。「ぜんぜんOKですよ。みなさん最初はモヤモヤでいらっしゃいますから(笑)」そう言って相談をスタートします。モヤモヤは、今を改善しようと思っているから起こります。「前へ進もう」という意識があるということです。それってすばらしいことです。前へ進もうという気持ちがなかったらモヤモヤは発生しません。今この本を手にとったあなたが「モヤモヤ」なら間違いなく次のステップを踏み出せるということです。そう「モヤモヤ」は新しい人生への第一歩の証なんです。

 

この本は、「自分の好きなことでどうやってご飯を食べていくのか」をテーマにしたものです。「好きなことで起業するなんてそんなことできるの?」そう思っていますよね?
答えは「できます」。あなたが自分らしい人生を切り拓いていきたいのなら、「好きなこと」で自立しましょう。ただそのためには「手順」が必要です。起業離陸には失敗しない「手順」があります。ここではそれをあなたにお伝えしていきます。

 

【目次】

【はじめに】何も決まっていなくていいの?⇒最初はみんなモヤモヤです。

 

第1章 本当に好きなことが仕事になるの?⇒「起業は究極の自己実現」
・なぜ、好きなこと?
・起業の方向性を決める~じぶん地図を描こう
・起業準備に必要な4つの前提条件
・自分には何ができるの?~ここがキモ!好きなこと・情熱×できること
・必要な収入を「3階建て」で組み立てる
【著書未公開原稿】FunすることでFanができる

 

第2章 失敗したらどうなるの?⇒「失敗しない起業準備に必要な鉄則」
・失敗ってなに?~起業の不安を解消する方法
・起業前に予想がつかない起業後に起こるリアルな事態
・起業離陸に失敗しないために~サラリーマンの特権を200%活かす方法
・起業に踏み切るタイミングっていつ?
・起業準備でもっていたい8つの心構え

 

第3章 何をやって起業するの?⇒「あなたの宝物を専門分野にする」
・これをはずすと失敗する!徹底したじぶん棚卸
・人生まるごと振り返りから得られるもの
・宝物を見つけるカギは、たのしかったこととつらかったこと
【著書未公開記事】書く、話す、フィードバックを励行する

 

第4章 お金はどうするの?⇒「リスク回避はここだけおさえる」
・最低限必要な自己資金
・まずは身の丈、安易に借金に走らない
・自己資金でまかなえないなら資金調達~法人化って必要?
・こんなことでも資金がつくれる裏ワザ

 

第5章 どうやって知ってもらうの?⇒「キャッチフレーズと物語プロフィールをつくる」
・自分を一人でも多く、いち早く知ってもらうための3つの柱
・あなたのファンをつくる物語プロフィールの書き方
・キャッチフレーズと肩書きを組み立てる
・一度会ったら忘れないQ&A名刺のつくり方

 

第6章 ビジネスプランってどうやってつくるの?⇒「ビジネスはだれをどうするからはじまる」
・ビジネスプランは顧客×商品のシンプルな組み立てから
・自分でできる業界研究・競合リサーチのやり方
・理想のお客さま像をつくり、その人の悩みと困り事を知り尽くす
・お客さまの購入行動プロセスからビジネスをつくる
・商品ラインナップで売上をつくる
・業務プロセスをつくる
・ビジネス成功のカギは独自性(USP)

 

第7章 行動するって、何からはじめたらいいの?⇒「情報発信と顧客獲得」
・情報発信で知ってもらう&見込み客を集める
・リアル活動で見込み客の集める方法
・ネットを使った見込み客の集め方
・ソーシャルメディアの活用方法
・売上をアップするライティング技術のコツ
・見込み客を集める勉強会主催のノウハウ
・テストマーケティングで実績と商品ブラッシュアップの一石二鳥を得る

 

第8章 続けられるのかなあ?⇒「起業に必要な同じ志の仲間」
・なぜ同じ志の仲間が要るの?
・人脈をつなげる立ち居振る舞いとは?
・質の高い人脈をつくる方法
・ビジネスチームでさらに稼ぎを倍増する
【著書未公開原稿】ビジネス交流会でやってはいけないこと

 

【体験談】実際、起業するとどうなるの?⇒「好きなことで独立した人の成功談・苦労話」
・41歳 放浪人生、転職6回元官公庁営業マンから週末冒険プランナー
・46歳 刑事20年からコミュニケーション力人気セミナー講師
・34歳 子育て主婦から英語育児&WEBマーケティングサポーター
・50歳 中小企業執行役からイベント企画&団体立ち上げ仕掛け人
・38歳 業務委託社員からビジネスで人と人をつなぐ専門家
・33歳 大手不動産会社員からアレルギーっこを守る社会起業家
・26歳 飛び込み営業フリーターからWEB企画制作会社社長

 

【おわりに】自分の手で人生を切り拓くということ

 

 

紹介動画はこちら↓↓↓

 

■読者の方から寄せられたメッセージ

★★★今まで読んだ本では一度もそういうことはなかったのですが、この本を読んで著者の方と何らかの形でお会いしたいと思いました。(著書を読んで起業前モヤモヤ相談面談申込をされた方)

 

★★★こんにちは。はじめまして。今日「好きなことで起業できる」を購入し読ませていただきました。本当に面白く、また勇気づけてくれる内容でお昼すぎに購入したのですが一気に全部読ませていただきました。本を読んで著者の方にメールを送るなんていう事は今まで一度もなかったのですが、本当に背中を押していただいた感じがしたのでお礼を言わせてもらいたくてメールいたしました。ありがとうございます。私は今、乗馬のホームページを制作中です。大学時代に乗馬を始めて以来、これまでに競走馬の育成や乗馬のインストラクターなどの仕事をしてまいりました。乗馬というスポーツは本当に面白く、また健康面にも良く、素晴らしいスポーツです。ただ、日本ではそれほど普及していないのも事実です。そこで乗馬の楽しさを一人でも多くの人に伝えたいと思い起業を決心いたしました。でもホームページを作ったものの、これでやっていけるか不安になっていたところに三宅さんの著書を読ませていただいて「絶対にこの事業を成功させる!」というモチベーションが沸き上がってきました。まだ試行錯誤の段階ですが、三宅さんの教えを元に頑張っていこうと思います。またホームページの方も拝見させていただきます。どうしても本のお礼が言いたくてメールいたしました。ありがとうございました。

 

★★★『自分の周りの起業したい人に薦めたい。』というのが一番の感想です。私の周りに『好きなことで起業したい』という方が多くいます。でも、それと同時に、何から手をつけて良いのかわからないと相談を受けることも多いです。実際に三宅さんの本はスモールステップが書かれており、具体的に何から始めたら良いのかわかること、失敗談も書かれているので、自分事に置き換えて、勉強になることが多いと思いした。私自身、ソーシャルメディアの活用のことなど、勉強させてもらうことが多かったです。

 

★★★天職デザイナーの三宅哲之さんが起業直後の試行錯誤や失敗談も包み隠さず盛り込んだ、たのしく継続できる起業準備の指南書。1年半以上かけて、じっくり起業準備に取り組みたい方にピッタリな一冊です。目次に沿って順番に一つひとつ取り組むことで、パズルのピースを埋めるように起業準備が整っていきます。もし起業準備で悩んだり迷ったりしたら、もう一度この本を開いてください。『「モヤモヤ」は新しい人生への第一歩の証』『未来は自分たちの行動と決断にかかっている』『迷ったら前へ一歩出る』この本にちりばめられた言葉たちが、あなたを勇気づけてくれるでしょう。

 

★★★起業したい気持ちはあるけれど、何をするべきか、いまひとつ漠然としている自分に、寄り添い、方向を指し示してくれる内容でした。起業までに何をすれば良いのか、ステップを追って具体的に、分かりやすく丁寧に、著者ご自身の体験も交えて熱く書かれています。会社勤めをしながらの起業準備の進め方や、実際に起業を果たされた方のインタビューがとても参考になりました。あとは行動あるのみです。

 

★★★起業したいけど、どうしたら・・・そんなときに、行動を起こさせてくれるような内容で、具体的に書いてあります。また、自分の頭のなかで考えるだけでなく、「聴いてもらって」「引き出してもらう」とか、参考になることも多いです。そして、モヤモヤをワクワクになりそうな感じがします。著者の経験や、インタビューがあるのも良いですね!

 

★★★いま、起業を計画中の私、タイミングよく読ませていただきました。モヤモヤしていた部分がすっきり表現されており、キーワードも明確で、あっという間に、完読しました。著者三宅氏の人柄がダイレクトに伝わって、まるで対面してお話を伺っているようでした。さあ、目的、目標に向かって前進の一歩を踏み出す決心がつきました。著者主催の勉強会にも参加してみたいです。

 

★★★沢山の起業本を読みましたが、準備から心構え、更には失敗例まで分かり易く書いてあるので凄く勇気づけられますし、行動に移しやすくなる本です。何年後に起業するのか、なら半年後には何が準備されていなきゃいけないのか、そして今日はどんな行動を取らなきゃいけないのかを、分かり易く一緒に答えを出してくれます。まるでマンツーマンで教えてもらってるようで、すぐに読み終わってしまいました。僕は30歳ですがもう少し早く読みたかったなと、、そして面倒くさがり屋で中々行動に動かない自分なのでセミナーに参加してみたいと思います。そしたら一緒にプランを組んでくれるでしょう。起業をぼんやり考えてるなら必ず読んでほしい本ですね。自分にはやれるかやれないか、はっきりすると思います。

 

★★★「できたらいいな」「こうなれたらいいな」という漠然とした夢を具体的目標に変える本です。目標を達成するのに近道はありません。絶対成功するために何よりも必要なのは途中で諦めず、状況に応じて柔軟に対応しつつ、初志貫徹すること。わかっているけど、なかなか持続できない。起業したいけれど、いろんな言い訳をして夢を目標に近づけることができない人におすすめです。著者は実体験に基づいた言葉で意志が弱い人々を励ましてくれます。

★★★サラリーマンが起業をする場合、何を仕事にするのかとても悩みます。好きなことで起業できるならば、夢のようで、すばらしいことです。モヤモヤしていることを前提に、じぶん地図」や「じぶん棚卸」を使って自分の得意分野と好きなことを結びつけて、具体的な手順を示しています。失敗しないための準備、そしてリスク回避についても説明されています。豊富な起業事例がQ&A方式で示され、素人にも理解しやすく、起業を身近な物として捉えることができました。最後に著者が起業支援のために行っている会合の説明もあり、著者が本気でサポートしようとする姿勢が伝わってきました。著者はこの「天職デザイナー」という仕事が好きで、まさに「好きなことで起業」できていることを自ら示しています。

 

★★★何となく自分の中で「起業」という思いが込みあがってきた・・・でももし起業して失敗したら人生で取り返しのつかない事になってしまうのでは・・・そんな思いで悩まれている人にこそこの本を手にとってほしいと思います。著者は起業までの間にたくさんの失敗を経験されており、それが赤裸々に語られています。そんな失敗を学びとし、本編ではまず情熱と自分の得意なことを組み合わせて自分の天職を探すところから始まり、そして事業で失敗しないための手順が丁寧に説明されています。これが大変分かりやすく、すぐにでも紙とペンを持って実践してみたくなる内容でした。(私は本書をもとに正に現在取り掛かっているところです。)そして本書の特色として著者のこれまでの体験によるものなのか、人と人とのつながりを大変大事にされている印象を受けました。著者が開設されている塾の卒業生のインタビューは目次にも書かれている通り紹介は勿論のこと、現役塾生の言葉も多く見られます。塾生も日々講師のアドバイス、また同じ塾生同士で学びを得ているかと思いますが、講師である著者もまた、塾生と対等な立場で塾生から日々学びを得ているのだろうと思える内容でした。『「好きなこと」で起業』これまで仕事は好きなことではないけれども収入のために割り切って日々取り組んでいましたが、これを機に自分の将来なりたいものを明確に定め、本気で楽しんで取り組んでいきます。

 

★★★好きなことと仕事はしょせん別だよなぁ、と夢をあきらめて生きてきたけど、好きなことを仕事にして生きていきたい、と思える本にやっと出会えました。起業するまでの「失敗しない手順」が分かりやすく書かれているので、今の仕事を続けながら、起業開始までにするべきことを、自分自身の起業開始までの工程に具体的に落とし込んでいけます。また、起業後の日々の過ごし方などがイメージし易く書かれています。著者のサラリーマン時代の挫折がざっくばらんに語られていて、親しみやすい著者の人柄が感じられます。自分自身をどうやって多くの人に知ってもらうのかについては、自分の「キャッチフレーズと物語プロフィール」が重要であることが理解できます。ノートを1冊用意して、自分自身に当てはめながら書き出していくと、すぐに起業準備が始められる実践本です。

 

★★★個人としての生きがいは起業にあり・・・

★★★読み終わりました。ひと言で言うと感動しました・・・

★★★気合の入った起業本の良書・・・

★★★昔から漠然と起業に対する憧れがあった・・・

★★★私は起業を目指して少し勉強しているので・・・

★★★定年後、第二の人生に勇気・・・

★★★生き方・働き方を教えてくれる良書・・・

★★★わかりやすかったです。

▼シェアをお願い致します!▼

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP