30代、40代女性が自分らしい働き方を選択肢にするには?

「これまで会社人として生きてきて、働くことって私にとって何なんだろう?」「仕事ってなんのためにするのだろう?」「必死で目指しているところっていったいどこだったんだろう?」「40代を目の前にしてこれからの生き方はどうあるべきなんだろう?」

 

008w

 

自分らしい働き方、自己実現、人生設計、仕事スタイル、ライフスタイル・・・そんな言葉が目についたり。ネットでそんな記事を検索したり。世の中で輝いた働き方をしている女性が気になって追っかけてみたり。

 

社会が変化し、ずっと働き続けたいと思う女性が増えてきました。それに伴って働き方の選択肢も増えました。そんな中、自分らしく生きるためにどうしたらいいのか?どういう自分になりたいのか ?どういう仕事をしたいのか ?プライベートはどうしたいのか?そんなことを感じていませんか?

 

大きな会社にそのままいてキャリアを極めるのもいいでしょう。将来の夢実現へ向けてあえて正社員にはならないという選択肢もあります。何に重きを置くかによって、働き方は変わってきます。

 

30代、40代女性は、異動、昇進、転職といったキャリアの変化に加え、健康面での変化などが起こってきます。そうしたさまざまな変化をしなやかに乗り切っていく必要があります。まさに30代、40代は人生の分岐点と言えます。起業前モヤモヤ相談にはそんな働き方ひいては生き方に疑問を感じた方がいらっしゃいます。

 

「どうしたら自分らしくたのしく働き、人生を生きていけるんだろう?」

 

こんなモヤモヤをそのままにして毎日を送っていたらどうなると思いますか?日々の小さな積み重ねがやがて大きなストレスとなってのしかかってきます。ストレスと戦いながら仕事に明け暮れていると自分を見失ってしまいます。体調にも影響します。30代、40代は健康にも注意したい年代です。

 

もしモヤモヤを感じているのなら、一度立ち止まってみましょう。忙しい毎日に振り回される自分を客観的に見つめ直してみましょう。もしかしたら自分自身の思い込みになっているのかもしれません。自分の中だけで考えていると、価値観がそこにしかないので枠の中から出られません。一人で考えていると孤独だし不安になります。

 

例えば、あの人、嫌な人だなあと思っていたら、そうとしか思えず、知らず知らずのうちに振る舞いもそうなりがちです。そして気がつくと、その人との関係は悪い方へばかり進んでしまいます。もし、少しだけでもその人の良いところを見ようとできたら、不思議と相手もそうなります。今までしかことがなかった雑談ができたり、そういう一面もあったんだ!と新たな気づきも生まれます。そうして物事はうまく進みはじめます。たのしいことを考えると良い方向へ動き出します。逆にうまくいかないことばかり考えるとどんどん良くない方向に行ってしまいます。言うのは易く、実行に移すのは難しいことかもしれません。でもできるところからはじめてみたいことです。

 

ONとOFFとも両方充実させたい!自分らしく働きたい!そんな思いを実現するにはどうしたらいいのでしょうか?その選択肢の一つに起業というものがあります。起業にはONとOFFのさかえ目がありません。両方を同時にたのしむというスタイルです。会社生活では味わえない人生をたのしむ働き方、生き方がそこにあります。とはいえ起業というと、大きなリスクに不安を感じますよね?たしかに、スタートの規模を大きく構えるとそういう一面はあります。

 

でも自分サイズ、身の丈で、自分が食べていけるところからはじめるのなら、リスクは最小限にできます。仕事を続けながら経験を積み、めどがたったら一歩踏み出すという方法もあります。天職塾ではこのやり方をハイブリッドキャリアと呼んでいます。自分らしい働き方を具体化する第一歩です。ハイブリッドキャリアでやっているかぎりは、最悪本業にいつでも戻ることができます。自分サイズで起業するという選択肢も頭の隅に置いてみてもいいのではないでしょうか?

 

起業を考えたとき、じゃあ自分にはいったい何ができるの?という疑問が次に湧いてきますね。それは「じぶん棚卸」をすることでわかります。これまでに歩んできた人生を振り返り、わくわくすること、できること、人とのつながりなどを総ざらい書き出してみます。たのしかったこと、つらかったこと、印象に残る出来事を思い出してみます。

 

そしてそれを第三者に聴いてもらいましょう。あなたがこれまで経験してきたリソースにはかけがいのない宝物が隠れています。いったんここで立ち止まって宝物を掘り起こしてみてはどうでしょうか?ちょっとだけ視点を変えてみるだけで今まで自分にはわからなかったあなたの強みは浮き彫りになります。

 

過去を振り返って意味があるの?そんな疑問もあるかもしれません。過去と他人は変えられないと言います。たしかにその通りです。でも過去を未来に生かすことはできます。あなたがこれまで歩んできた人生の節目節目にはあなたにしかない宝物があります。

 

過去を振り返りつつ、未来へ向けて動き出してみましょう。自分と未来を変えてきます。今までがんばってきたあなたがいます。いろいろなことができないと思わないことです。がんばってきた、できる自分を認めてもらいましょう。

 

女性は短期的な視点でものごとをとらえる傾向があると言われます。少しだけ未来を描いてみましょう。こんなふうになったらいいなという気軽な未来図です。「私らしく生きる」と「キャリアを貫く」ことは共存できるの?そんな疑問もあるでしょう。こうしたことも未来図の中で考えていけます。

 

自分らしく生きるための心の持ち方、自分がどうしたいのかわからないとき、決められないとき、自分の価値や強みがわからないとき、他人や自分に振り回されそうになるとき、一歩踏み出すのが怖いとき、そんなときは気軽に相談にいらっしゃってください。私らしい人生のつくり方の一つに起業という選択肢があります。今、自分らしい働き方へ第一歩を踏み出して輝いているお仲間の事例もお伝えできます。

 

天職塾には、自立をキーワードにした自分の居場所や仲間との交流の場があります。30代、40代の女性が自分らしくわくわくした働き方を見つけ、笑顔でいきいきと毎日を送っていけること、本当の自立を心から応援しています。

 

わくわくすることを基軸にする

「わくわく」することならいつどんなときでも考えていられる。「わくわく」することなら続けられる。「わくわく」することならいくらでも発想が出てくる。「わくわく」するから前向きになる。「わくわく」するから行動できる。「わくわく」は四六時中。「わくわく」することなら毎日がたのしい!これに尽きます。

 

僕の「わくわく」は焚き火です。焚き火を小さく囲んで会話をする、あのひとときがたまらなく大好きです。大好きなので仕事にしよう、そう思いました。そして、いてもたってもいられなくなってつくった団体が(社)日本焚き火コミュニケーション協会

 

ある日のパートナーと現地下見に行く車の中での会話。「団長(三宅のこと)、焚き火に道具から入る人って多そうですね」「どんなふうに?」「こないだ雑誌の付録でこんなのがあって、マニアの中では品薄らしいっすよ」「へえ~(もうこの時点で惹きこまれています)」

 

「待てよ・・・ということはこんなふうに少し工夫をしたらどうかな?」「そうですね、こういうやり方も考えられますよね」「なるほど、なるほど・・・(かなり頭の中は妄想でいっぱい状態)」

 

「よし!じゃあこれをやってみよう!絶対イケると思う。どう思う?」「いいっすね!やってみますか!」

 

こんな話をしていたら、もうたまりません。用事も忘れて帰りにアウトドアショップに寄ってグッズを見てみよう!こんなアイディアはどう?こうしたら面白いかも?あれもやりたい!これもやりたい!わくわくが噴き出してくる感じです。

 

そしてすぐさま行動を起こしています。即断即決です。ちなみにやりたいと思ったらすぐにその場で行動を起こせる。これが起業家の醍醐味です。焚き火を愛し、世の中に焚き火を広めたい!そんなシンプルな気持ちでいっぱいになります。必ずそんな世界をつくっていきます。

 

あなたの「わくわく」は何ですか?「わくわく」は年齢に関係ありません。いくつになってもその人の心にスイッチを入れるもの。人の根っこにあるものです。「わくわく」しっかり見つけてみてください。そしてそれを仕事にしましょう。たのしい未来が描く原点です。

 

起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから »

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP