起業の仲間づくりを後押しするZOOM飲み会

2018.05.10 (木)

起業の仲間づくりをするのは直接顔合わせすることだけではない。インターネット上の有効な仕組みを使うことで加速することができる。その一つの手段がWEB会議システムだ。数年前より出回っているがこのところと特に使い勝手がいいのがZOOM。本記事では最近コミュニティで活発化してきているZOOMを使った飲み会のメリットについてまとめた。

 

ZOOMをご存知だろうか?アメリカ発のWEB会議システムのことだ。これまでスカイプやハングアウトなどを利用してきた。ZOOMの良いところは参加者がアカウント取得など面倒な登録手続きが要らないこと。そして何より安定していること。スカイプ、ハングアウトといったツールはこのあたりが不十分だった。というわけでフリーエージェントアカデミーでも積極的に活用拡大を図っている。

 

最近そんなZOOMを使って面白い企画が立ち上がっている。それが「ZOOM飲み会」。ZOOM飲み会とは文字通りZOOMを使って飲み会をするというもの。自宅のパソコン、タブレット、スマホの前でビールや好きなものを片手に飲み会に参加する。

 

入退場自由なので自分のペースで参加できる。ZOOM飲み会でこれは良い!とわかったことがある。それは一人ひとりの発言に参加者全員が耳を傾ける状況になること。ZOOMでは発言した人の顔が大写しになる。自動的に発言者にスポットライトが当たるわけだ。

 

みんなが自分の話を一生懸命聴いてくれる場面を想像してみてほしい。それがどれだけうれしいことかがわかるだろう。先日行われたZOOM飲み会でもここまで本音の話をしていいの?と驚くような場面をちょくちょく見かけられた。それは聴いてくれている実感があったからではないかと推測する。何と一次会が終わった後に有志で4次会までやったというのだからすご過ぎる。

 

これが通常のリアル飲み会だとどうなるだろう?例えば8人程度で居酒屋に飲みに行った場面をイメージしてみよう。最初のうちは全員で話しているかもしれない。でも時間の経過とともに2つもしくは3つのグループに分かれた会話になるのが普通だろう。もちろんそのグループで深く話すのにも意味があるかもしれない。ただ同じ場にいる人が一人に集中するということはほぼない。

 

もう一つの効用は遠隔地同士で簡単につながれるということ。先日の場では高知、広島、大阪、京都、滋賀、埼玉といったメンバーが一同に会した。これだけ広範囲にわたる人がリアルで集まろうと思ったら大変なことになる。この仕組みを使えば日本ひいては世界中にいる人が瞬時に一つになれる。起業は人と人のつながりが基盤になる。グローバルな展開が手軽にできるところまで来ている。

 

人は誰でも自分に関心を持ってほしいものだ。その逆はつらいもの。「個人一人ひとりを尊重した場づくり」をモットーにしている身として、ZOOMでできる効用に価値があると感じている。ぜひ一度ZOOM飲み会に参加してみよう。もしくは幹事をやってみよう。新たな仲間づくりの手段に出会う体験ができる。

 

遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業の仲間づくりを後押しするZOOM飲み会

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP