起業するなら融資を受けるのが当たり前・・・と思っていませんか?

2016.07.09 (土)

独立起業を考えよう。開業には資金が掛かる。なので融資を受けないと。資金調達の仕方を勉強しよう・・・こんなことを考えていませんか?起業するには融資を受けないといけない、なぜかお決まりのようになっています。それって間違いです。

 

融資を受けなくても起業はできます。融資ってきこえはいいけど要は借金です。借金するということはマイナススタートです。起業して利益を出すのって大変です。そんな中わざわざ借金するのってナンセンスだと思いませんか?

 

そもそも開業資金って何だと思いますか?店舗を構えるなら物件の費用、改装費、什器などでう。モノをつくるのなら資材を仕入れるお金です。こういう形態のビジネスをやりたいのなら融資は必要になります。

 

そうではなく自分を商品にしてビジネスをつくる場合はどうでしょう?事務所、什器、法人にする費用、スタッフ人件費などが挙げられます。でも最初から事務所なんているんでしょうか?人なんてほとんど来ないのに立派な場所に構えても無駄なだけです。家賃と光熱費だけ掛かるだけ。毎月赤字の垂れ流しです。

 

事務所がなければ什器も要りません。法人設立だった最初からする必要はありません。法人にするだけで云十万のお金が掛かります。税金だって掛かります。税理士も雇わないといけなくなります。スタッフを雇うなんてもっての他。毎月の給料と社会保険を払うのって想像を超えるきびしさです。

 

統計では3年で廃業する会社が7割と言われます。この大きな原因は資金の掛けすぎです。スタート時に借金を抱えてそれが返せなくなるからです。だったら最初はできるだけお金を掛けずにスタートすることです。起業して何年かすると身軽に経営することがどんなに楽なことなのかわかるときがきます。

 

独立したんだから見た目を格好良く見せよう、スケール大きくやろう、そんな見栄を張っても全く意味がありません。大切なのは毎日たのしく仕事ができること。そのために日々お客さまからありがとうの言葉をもらいながら対価をいただくこと。原理原則です。開業資金という言葉に踊らされてはだめです。あなたは借金を抱えながら見た目良くビジネスをしていきますか?それとも名より実を取りますか?

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するなら融資を受けるのが当たり前・・・と思っていませんか?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP