起業へ向け強みを見つける方法は弱みにあり

2015.10.28 (水)

起業したら差別化しないといけない。
そのためには強みが必要。
起業するために強みを見つける方法にはどんなものがあるんだろう?
そんな疑問もありますよね?

 

強みを見つけようとする前に自分の「弱み」にもフォーカスしてみてください。
「弱み」とは自分がマイナスと思っていることです。
それは自分がマイナスと思っているだけで視点を変えれば武器になります。

 

例えば今まで大企業でマーケティングに携わってきたとします。
その経験を生かしてマーケティング関係の仕事をしようと考えます。
でもそんな人は世の中にたくさんいます。
マーケティングに関する本も星の数ほどあります。
それだけでは何の強みにもなりません。

 

一方で会社がブラック企業でたくさんの疲弊している人がいたとします。
自分自身もまさにその渦中で疲弊した一人だった。
周囲は倒れていく人ばかり、けど自分は何とかしたかった。
こうすれば少しでも良くなる方策をたくさん思っていた。
何人かの人と話したら元気になった人もいた。
もしこんな種類のマイナス経験があったとしたらそれは強みに転じます。

 

自分が弱みと思っているところはコンプレックスだったりします。
ビジネスは人の悩みを解決して対価を得るものです。
人の悩みの中にはコンプレックスがあります。
コンプレックスは自分の気持ちをわかってくれる人にしか話せないものです。
ビジネスは相手との共感をつくることが先決。
そのためには相手の悩みを自分事として受け止められる器が必要です。
自分の弱みの中には強みに変わる部分があります。

 

僕は「苦労は宝」だと思っています。
あなたがこれまで苦労してきたこと、つらかったこと。
自分では弱みだと思っていたこと。
その気持ちは実際経験したあなたにしかわからないことです。
そこにこそ他者を差別化できる要素が隠れています。

 

あなたが「弱み」と思っていることは何ですか?
一度書き出してみましょう。
あなただけの「強み」が発見できます。

 

起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業へ向け強みを見つける方法は弱みにあり

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP