起業スタートの大敵「本当にやりたいこと探し症候群」

2015.06.05 (金)

「自分が本当にやりたいことって何だろう?」

起業ネタを考えるとき、だれもが必ずぶち当たるカベです。
カベを乗り越えるためにどうしたらいいんでしょう?

 

結論から言います。
自分が「本当に」やりたいことはそうそう簡単には見つかるものではありません。
だから、いったん自分と向き合って出てきた答えにもとづき行動すること。
行動しはじめると見えるものがあります。
自分がやりたいことってなんだったのかがわかってきます。
考え過ぎてはいけません。
60点とれたら動き出します。

 

実はこの「本当に」という形容詞がくせ者です。
「本当に」を思い始めると深みにはまっていきます。
これを「本当にやりたいこと探し症候群」と名付けています。

 

最初に十分自分と向き合うことは必須です。
これを「じぶん棚卸」と言います。
棚卸をしっかりせずに自分の軸は見つかりません。
でも棚卸をしっかりやってある程度決めたのならあとは行動あるのみです。

 

一番良くないのは、集中して自分とじっくり向き合いビジネスモデルも考えて、
いったんすべてかためた後に「これでほんとによかったの?」と思い始めること。
これをやっちゃうと起業へのスピードは格段に落ちてしまいます。

本当に起業したいと思っているのなら、動いてください。

 

やってみてはじめてわかること。
やってみないとわからないこと。
たくさんあります。

 

———————————————-
実際に走り出すと修正しないといけないことが出てくる。
実際に走り出さないと修正すべきことなんてわからない。

起業前にいろいろ考えてつくったことが起業した後は変わっている。
動き始めたら変わってくることが出てきていいと思う。
———————————————-

天職塾独立起業組プレミアムメンバーも口をそろえて言います。

 

自分の軸さえぶれなければ、起業前に考えていたことは変わったっていいんです。
お客さんと対面すると変わらないといけないことが出てきます。
ビジネスはお客さんありきですから。
お客さんの困りごとを解決するのがビジネスですから。

 

「本当にやりたいこと探し症候群」に陥らないこと。
肝に銘じておいてください。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業スタートの大敵「本当にやりたいこと探し症候群」

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP