50代からの起業準備~役職定年から脱し自分らしく生きていく方法

2016.01.31 (日)

「55歳で役職定年がやって来ます。今まで部長だった人でも格下げになります。昔、自分の部下だった人が上司になるなんて当たり前の世界です。その先に60歳で定年、希望すれば65歳まで雇用延長。でも収入はとんでもないほど減る・・・このままでいいのか?そんな思いです・・・」

 

このところ50代の起業相談が増えています。役職定年は相談の中で出るキーワードです。50代はサラリーマン生活に大きな変化が訪れるときです。部下が上司になるなんて想像もできないことです。これまで一生懸命やってきたことって何だったんだ?このままプライドを捨ててサラリーマンのままでいるより、いっそ独立創業を考えてみたい・・・そんな思いも当然よぎります。

 

じゃあいったい自分に何ができるのか?飲食店、クリーニング屋、理美容店、車の修理メンテナンス、コンビニなどのフランチャイズ・・・そんなイメージでしょうか?フランチャイズは安易に思い浮かぶ選択肢です。でも本当にそれいいんでしょうか?50代からの起業はそういう類いではありません。

 

あなたがこれまで長年にわたり培ってきたもの、人生の中で得てきたものは他にない財産です。最初にそれをしっかり掘り起こします。50代までサラリーマンをやってきたあなたなら20代や30代にはない貴重な経験があります。ここにフォーカスします。

 

そして「わくわくすること」。あなたが話していて熱量が上がることって何ですか?「そんなのないよ・・・」思い込んでいませんか?そんなことは絶対ありません。子供の頃、無邪気にたのしいと思えたあのシンプルな感覚。会社生活で否応なく忘れ去られいただけです。枯れるなんてまだまだ。50代から起業準備すれば新しい未来が広がります。

 

50代からの起業は、「わくわく」と「これまでの経験」を掛け合わせて、自分だけのスモールビジネスをつくりだしていく新しい働き方です。2つの要素を軸に自分の中にあるリソースからビジネスをつくっていきます。自分自身を商品にします。なので初期投資はほとんど必要ありません。ローリスクな起業です。

 

スモールビジネスが軌道に乗ればリターンもそこそこ期待できます。50代には50代前後ならではの起業の仕方があります。50代前後だからこそできる他の世代にない強みがあります。それをカタチにしていきましょう。

 

サラリーマンだけが人生ではありません。まずはこんな働き方の選択肢があることを知ってください。働き方を変えることは、自分が主人公になる生き方を得ることにつながります。その選択肢を知らずに人生を終えてしまうなんてもったいないです。

 

そのことに気づくだけでもあなたの人生はワクワクした未来へ向かって大きく舵取りをはじめることでしょう。最後までたのしく笑っていられる人生、悔いのない人生を歩んでいきましょう。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 50代からの起業準備~役職定年から脱し自分らしく生きていく方法

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP