商品の独自性(USP)をつくる方法

2015.07.11 (土)

商品を考えるとき、今まで世の中にないことをしないといけない、自分オリジナルをつくらないといけないと思いすぎないことです。イチから自分でつくろうとしないことです。世の中にまったくないものなんてそうそうできるものではありません。まずは成功している会社をマネをして、そこにちょっとひねりを入れることから考えていきましょう。「こんなことがあったらいいよね!」自分ができそうなことを一つだけ加えていくイメージです。あったらいいな!が具体化したらそれがあなたのUSP。USP(ユニーク・セリング・プロポジション)とは自分だけのウリのことです。つまり独自性になるものです。(〇〇ページ参照)これがないとビジネスには勝てません。日本の茶道、武道、芸術の世界に「守破離」という考え方があります。まず型を忠実に「守」り聴き模倣する段階。次にその型を自分と照らし合わせて研究し、自分の考えや工夫を模索し試みながら既存の型を「破」る段階。最終的に自分自身の型をつくり元の型から「離」れていく段階。3つの段階を表しています。お手本になる型を見つけ、「守破離」していきましょう。新しいアイディアは既存のアイディアの組み合わせです。ビジネスプランを練り込む過程には競合リサーチをしっかり組み合わせていきましょう。そしてあなたのUSPをつくり出していってください。

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

現在の記事: 商品の独自性(USP)をつくる方法

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP