植木屋さんの起業モヤモヤ相談

2016.05.07 (土)

日々やっている起業前モヤモヤ相談カフェには、サラリーマン以外の方もたまにいらっしゃいます。先日は植木職人をされている方にお越しいただきました。「天職塾にはちょっと場違いかもしれませんが・・・」「こんな私でもよろしかったでしょうか・・・」そんな切り出しで対話がはじまりました。

 

——————————–
植木屋を13年やってきました。それまでは何回も転職を繰り返しました。ひとり身なので何とか食べていく分くらいは稼いできました。途中で病気になって入院もありました。だんだん売上が減っていきました。持病もあって体力的にもきびしく感じるようになりました。シーズンものなので仕事がないときは収入がなくなることもあります。来年で60歳になります。このまま続けていくか、他のことをするべきか?それとも辞めてしまうか?どうしたらいいかモヤモヤしています。何かアドバイスがいただけたらうれしいです・・・
———————————

 

大まかな相談内容です。これまでの経緯、商売の現状、自分がどうありたいのかなどを聴きました。相当たまっていたのか堰を切ったように話していらっしゃいました。口下手でコミュニケーションが苦手。でも誠実に一生懸命やってこられたことが伝わってきました。仕事が減る中にあって10軒くらいのお客さまは毎年依頼をしてくれるそうです。

 

「毎年仕事を頼んでくれるお客さまはどんな想いなんでしょう?」「なぜ他でなくAさんに頼むんでしょう?」

 

「お客さまには感謝の気持ちでいっぱいで・・・どう言葉にすればいいかわかりません・・・」

 

「その気持ちをお客さまにちゃんと伝えてみたことはありますか?」「他の大きな植木屋さんにではなくAさんに頼むのはAさんの誠実な姿勢やお人柄があるからではないですか?」

 

植木屋さんの言葉止まりました。そして目に熱い涙が光りました。「何だかやっていけそうな気持ちになりました・・・」とひと言。終了後、背筋をピンと伸ばし笑顔でお帰りになりました。

 

お客さまは商品ではなく人に仕事を頼みます。まちの親切な植木屋さん。これからもずっと続けてほしい仕事です。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 植木屋さんの起業モヤモヤ相談

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP