サラリーマン起業~通勤電車遅れに思うこと

2015.12.02 (水)

今朝は、朝活参加のため7時台の地下鉄に乗りました。駅は通勤ラッシュ時間帯真っただ中。何やらいつもにも増して人の数が多い。これは何かあるな・・・と思ったら案の定、人身事故が発生していました。振り替え路線の人が駅に押し寄せてきていたんですね。

 

ホームに行くとさらに人があふれています。前の駅でも乗り切れないで時間が掛かっています。来た電車に我先に人をかき分けて乗り込もうとしている人もいます。一方で一刻も早く会社に一報を入れないといけないとスマホをいじる人。そう、みんな目の色を変えて会社に行こうとしている感じです。

 

僕も数年前はそうでした。とにかく会社に行かないといけない、少しでも早く遅刻の連絡をしないといけない・・・そう思うのは会社に身を委ねている以上、当たり前のことです。サラリーマンを23年やった後、起業家に転じました。その結果、サラリーマンと起業家、両方の世界を知ることができました。

 

サラリーマン時代は仕事のことしか考えない猛烈会社員でした。あの頃の自分は、いったい何のために会社に必死になっていたんだろう?こんな目の色を変えてまで会社に行ってその先に何があるんだろう?必死に急いで会社に行く途中に交通事故にでも遭って死んでしまったら、自分の人生はどうなるんだろう?そんなことを感じていました。

 

今、目の前に必死になる自分はやむを得ないこと。でもそれとは別にこうして必死になっている自分の未来がどうなるのか?そんなことをたまには客観視してみてもいいのではないでしょうか?ごった返す通勤電車で感じたひとコマです。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマン起業~通勤電車遅れに思うこと

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP