転職か起業か?自分の方向性の決め方

2016.05.29 (日)

「これまでいろいろと仕事のことで悩んできました。今回棚卸をしてキャリア相談という自分なりの方向性が見えてきました。キャリアの知識や経験を身に着けるために転職してみようと思います・・・」先日セッションをしたAさんからこんな話がありました。

 

僕は「ちょっと待って!」と言いました。「転職した先にAさんはどんな未来を描いていますか?」「そもそも自分はどうなりたいんですか?」と質問しました。「そこまで深く考えていませんでした・・・」Aさんは答えに窮してしまいました。

 

ここが大切な分岐点です。こんな方向だからまず知識と経験を身に着けたい、多くの場合そう考えます。でも仮にその知識と経験を身に着けたとしてその先はどうなっているんでしょう?それがないのに安易に転職という選択は良くありません。

 

転職活動には多大なパワーが掛かります、増してそれまでの職歴と違うものを選んだらキャリアチェンジになり、ますます力を注ぐことになります。自分の生き方を決めるのにどこにパワーを注ぐのがベストなのかをしっかり考える必要もあります。

 

「あのとき知識と経験を身に着けようと思って転職したけど、ふたを開けると自分が思った通りの仕事ができなかった・・・」「転職したけどまた自分が何がしたいのかわからなくなった・・・」もし安易な選択をすると、数年経つときっとこんなことが起こります。こうなるとこの間に費やした数年間は意味のない数年間になってしまいます。

 

「いきなり転職ではなく、自分の手でつくれることを当面のゴールにする。そのために小さくはじめられることは何かを考える。そしてやり始める。人に与えられるのではなく「自分で自分が思う通りに」やってみることが大切。」Aさんへのアドバイスです。

 

転職した先の未来が描けていないのに目の前のことだけで安易に転職すると失敗します。起業がいいと言っているのではありません。自分がどんな未来をつくりたいのが重要でそれを実現するのに起業なのか転職なのか手段としてとらえようということです。働き方を決めることは「生き方」を決めることにつながります。自分としてどんな人生をつくっていきたいのか、この自分軸を忘れないにしてください。

 

起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 転職か起業か?自分の方向性の決め方

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP