50代起業、定年後へ向けて未来を描くことの大切さ

2015.11.08 (日)

天職塾には5060フォーラムというコミュニティがあります。50代以上のメンバーで構成するチームです。その中の最高齢62歳のメンバーが印象的な話をしてくれました。定年直前から起業準備をはじめ、定年後自分サイズの起業をはじめた人です。

 

——————————
先日サラリーマン時代の同僚と一緒にゴルフに行きました。話していると、来年会社の再雇用はやめるとのことでした。ゆっくり過ごしてみるとか親の介護に専念するとか人によっていろいろ言ってました。

 

僕はそれに比べると別世界。起業してこれからも働いていきます。「よくそんな新しいことをやろうとできるねー」そう言われます。でも未来を描くことをやめたら人生おもしろくありません。これからも目標をもって進んでいきたいです。

 

知り合いにも年収がすごい人がいます。でもたのしくやっているのかな?と思っちゃうことがあります。僕はおかげさまで毎日好きなことに努力しています。比べるものではないと思うけどどちらに価値があるんでしょう?人生にはお金で買えないものがありますね。そのことに気づきました。
——————————

 

今でこそこう語るこの人も最初は起業という言葉にかなり抵抗を示していました。リスクを冒してまでやるべきことではないと。会社の再雇用が安住の地なんだと。その後、自分サイズ起業スクールをきっかけに価値観に変化を起こしました。そして今では5060フォーラムを先頭に立って引っ張ってくれる存在になりました。

 

50代後半を迎え、これからの人生をどう生きていくのか?定年後の人生まで再雇用という会社が敷いたレールの上に乗っかっていくのか?本当にそれだけでいいですか?

 

【人生の主人公は自分】

 

他人のレールに乗っかる前に考えてみることも必要なことです。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 50代起業、定年後へ向けて未来を描くことの大切さ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP