起業へ向けた手順を間違ってうまくいかない事例

2018.02.04 (日)

起業には正しい手順がある。手順とは物事をする時の順序や段取りのことをいう。順序を間違ったり、段取りができていなかったら後で痛い目に遭う。段取り八分という。起業も同じだ。本記事では実際の相談事例を交えながら、身の丈起業するための正しい手順についてまとめた。

 

「何となく自分としてやりたい方向性はあります。まずは実践することと本で読んだのですが実践するとはどういうことなのですか?セミナーを開催したいと思っていますが、誰にアプローチすればいいのか?どこへ行けばいいのか?人脈もないのでさっぱりわかりません・・・」こんな相談があった。

 

まずやってみる。すばらしい心構えだ。ただ何も決まっていないのに闇雲にやってみるのは良くない。セミナーを開催したい。じゃあそのセミナーはどんな人のどんな困り事に役立つのか?セミナーを受けたらその人はどうなるのか?なぜ自分はそのセミナーができるのか?いくつかの型が明確になっている必要がある。

 

どんな人のというのがいわゆる顧客ターゲットと呼ばれるもの。どうなるのかが提供できる価値。なぜできるのかが専門分野というふうに分解される。さらになぜそのセミナーをやるのかが土台になる。これまでこんな人生を歩んできた、だからこんな人を救いたい・・・想いが必要だ。思いつきでやっていますでは相手の感情は動かない。

 

何となく集めても相手には響かない。だからそもそも人を集めることができない。仮に一度は集まったとしても来てくれる人は多岐にわたりバラバラの状態。そこから次へ向けて得られるものはない。何のためにまずやってみるのか?それは次へ向けて行動や内容を磨くためだ。それがないトライアルには意味がない。

 

セミナーは自分の仕事を知ってもらうための一手段に過ぎない。他にも手法はたくさんある。もし実践するのなら何のために実践するのかを明確にすることが第一。そして自分軸をかため、専門分野を決める順番を踏んだ後、内容をつくってトライするのが正しい手順になる。

 

起業は成功するとは、ずっとその仕事は続いているということだ。ずっと続けていけるには原点に戻れる拠り所が要る。これを自分軸という。自分軸とはなぜその仕事がしたいのか?どんな人をどうしてあげたいのか?の2点を決めることだ。自分軸がなければブレたときに糸が切れた凧になる。そうならないように正しい手順を励行しよう。

 
遠距離でも自宅からできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業へ向けた手順を間違ってうまくいかない事例

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP