起業費用を低資金にする発想転換方法

2016.01.14 (木)

「起業するには資金が必要なので、融資の方法を知りたいのですが・・・」「起業するのにどのくらいお金が必要なんですか?」こんな起業前モヤモヤ相談も多くあります。

 

でもちょっと待ってください。融資って借金ですよね?あなたは大きな借金を抱えて起業スタートしたいですか?普通に考えたらそんなことはありませんよね?独立起業は融資でお金を借りるのが当たり前と思っていませんか?そんなことはありません。あなたが少しでもスムーズに起業をスタートしたいのなら、自己資金の範囲でできるだけお金をかけずに起業する方法をおすすめします。

 

飲食店をやりたい!カフェをやりたい!そんな希望の人もたくさんいます。飲食店を開業するには物件取得費、内装工事費、厨房備品費、スタッフ人件費などさまざまなお金が必要になります。いきなりこうした初期投資をする選択肢かないように思っていませんか?どうしても店舗を構えたいというのなら別ですが少し視点を変えてみてください。

 

実店舗を構える前にネットショップで始めてみる、在庫をもつ前に受注販売でスタートするなどお金をかけないやり方にはいろいろあります。器をつくる前に、まずは売ってみることが先決です。果たして売れるのかどうなるかはやってみないとわかりません。独立起業を成功軌道に乗せるには、器にお金をかけるより、まずお客さまを集めることに注力することが重要です。

 

独立起業初期はできるだけ固定費をおさえることに意識を置きましょう。固定費は資金繰りを圧迫するからです。オフィスも最初から持つ前提で考えないことです。オフィスがなくても打合せはできます。仕事は机に座ってまとまった時間をつくるより、パソコン一つですき間時間があればどこでも作業できます。その方が脳みそが柔軟になっていいアイディアが出るものです。

 

自宅住所を名刺に入れるのがお客さま向けにはちょっと・・・という場合はレンタル住所を借りましょう。また社員やスタッフも最初は要りません。スタッフを抱えるなんて起業初期は考えない方がいいです。基本は自分で全部やります。一度は自分でやってみないと仕事のながれは理解できません。どうしても必要なものは外注にするといった方法で固定費を抑えていってください。

 

独立後、必要なのは利益です。利益は売上を増やすか経費を減らすかのどちらかで生み出します。売上を増やすことができたら、それに越したことはありません。でも起業当初は思うように売上は上がらないものです。ならば経費を抑えることです。収入に見合った支出を組み立てていきます。起業すると経費に対する意識も変わります。変動費にできる固定費はないか?事業を始めたら定期的にチェックしてみることが大切です。

 

広告宣伝費についても最小限に抑えたいものです。お金をかけて宣伝しないと集客はできない・・・特に大手企業に勤めている人が考えがちな傾向です。スモールビジネスは大手企業のようなことはできません。いかに広告費をかけずに集客をするか、大手がやらない手法をトライしていきます。ホームページをしっかり育てていく、お金をかけずに集客基盤をつくる方法です。

 

もちろん集客には投資が必要です。その考え方はもっていてくださいね。利益が出るようになったら投資と回収を考えて広告宣伝費を少しずつ増やしていく、段階的なステップを踏んでいくのが得策です。自分サイズ起業入門セミナーではその手順をレクチャーしています。起業準備初心者向け講座です。お気軽にご参加ください。

 
わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業費用を低資金にする発想転換方法

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP