定年前になり定年後は今のままでいいのか?

2015.03.24 (火)

仕事に対するモチベーションも薄れてきて、
ただ毎日会社に通っているだけ。
職場では親会社から転籍してきて上のポジションに入っていく。
自分がやってきた仕事の仕方は通用しなくなる。
定年前になり、定年後を考えて今のままで良いのか?かといってこの年では転職は難しい。
65歳まで嘱託で会社にいることもできるけど、それも???
かといって自分に何ができるのか?
モヤモヤしている・・・

 

最近こうした50代の起業相談が増えています。
世の中のリストラ、早期退職、役職定年といったことが反映しているですね、きっと。

50代定年前の自分に何ができるのか?
ここにフォーカスします。

 

結論から言うと、50代こそ起業のチャンスです。

まず身のまわりの環境が起業に適したものになってきます。
50代半ばを過ぎると人によって多少の違いはありますが、
お子さんは独立して手が離れてきます。
住宅ローンも後半戦もしくは終盤戦になってきます。
奥さんと二人が食べていけることが基盤になります。

 

自分のもっているリソース系も後押しします。
定年前と言えば歩んできた人生の厚みが違います。
これまで50年以上で培ってきた経験と人のつながりは他の世代ではあり得ないものです。
多くの場合、その経験の価値に気がついていません。
会社の中では評価されなくても、
独立起業という視点でいけば活用できるものがたくさんあります。
また価値は客観的に評価されるものです。
真剣に自分のことを考えてくれる仲間からフィードバックを受けないと
自分ではわからないものです。

 

そうはいっても食べていけるのかなあ・・・
そんな声が聞こえてきそうです。

 

ちなみに三宅は独立したとき住宅ローンは2つガッツリありました。
もちろん今もそのまま返済しています。
でも何とかなっています。
リスクを考えればきりがありません。

新しいことをはじめるならリスクを負うのは当たり前です。

 

あとはスタートを大きく構えないこと。
自分サイズで小さくお金をつかわないやり方ではじめていくことです。

定年前は身の丈起業のチャンス。
そのためにはまず自分を知ること。
じぶん棚卸が必須です。

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

現在の記事: 定年前になり定年後は今のままでいいのか?

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP