50代定年後の起業にいたる思い

2014.11.04 (火)

早期退職、リストラ、役職定年・・・50代になるとサラリーマン事情も急変します。「これからどうしよう・・・」「このままでいいのか・・・」そんな思いにかられます。

 

——————————
それまで順調だった。でもある時点で降格、減給。人間不信にもなりかけた。転職も考えたが50代では年齢的にもむずかしい。独立起業という選択肢が浮かんできた(54歳会社員男性)

 

20年間勤めた会社が再編成。45歳で初めての転職、その後3社を渡り歩いた。以前から独立したい気持ちはあったが、定年後の人生は自分が主人公になりたいと強く思うようになった。(57歳会社員男性)

 

大手で35年勤めていた。57歳で部長から課長へ格下げ。いわゆる役職定年。これまでの苦労が水の泡。おもしろくないなあと思うようになった。59歳には課長から平社員になってしまった。第二の人生は、好きなことを仕事にしたいと思う。(60歳会社員男性)

 

50歳を過ぎて会社の合併統合があった。毎年のように会社の名前が変わっていく。そんな中、いつ自分の仕事がなくなるかわからない毎日。自分で仕事をつくらないといけないと感じるようになった。自分が経験した思いを若い人たちに伝えられるような仕事がしたい。(58歳会社員男性)

 

大手企業に勤め定年卒業した。当面の収入を得るため、再雇用の1年契約をしている。でも給料がとても安い。そのことに納得ができない。今までの経験を生かして自分で仕事を始めたいと思うようになった。定年後の生き方をどうしたらいいか、現役時代よりずっと悩み続けている。(61歳男性)
——————————–

 

50代以上で天職塾で起業へ向け活動する人たちのコミュニティ「5060フォーラム」。メンバーのみなさんの思いです。50代でしぼんでしまうのか。それともこの逆風を追い風に変えるのか。逆風は振り返れば追い風になります。それを決めるのはあなた次第です。

 

これまで培ってきたたくさんの経験と人脈。それを生かさない手はありません。資金を借りるとか会社を作るとか事務所を開設するとか、そんな見せかけのことだけを考えないことです。箱ものにこだわるとリスクを大きくするなるだけです。

 

それよりも大切なことがあります。それはあなたがこれからに人生をどうつくっていきたいかです。本当に好きなことは何ですか?毎日ワクワクできることってどんなことですか?好きなこと、ワクワクできることを軸に、これまでの経験と人脈を掛け合わせてみてください。あなただけのオリジナルなビジネスが浮かび上がってきます。50代は身の丈にあった自分サイズの起業に最適の年代です。

 

ゼロから自分サイズで起業する学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 50代定年後の起業にいたる思い

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP