起業ネタはやりたいことと求められていることの足し算

2016.11.08 (火)

起業ネタをどうやって決めるのかは起業を志す人が必ず通る難関です。起業ネタ選定にはいくつかの視点があります。一つはずせないものがあります。それは「自分がやりたいこと」と「お客さまが求めていること」の足し算をすることです。

 

例えばこんな事例があります。Hさんはパソコン周りのことが大の得意です。パソコンを新しくするのにどういう構成にしたらいいか、それに伴う周辺環境をどうやって整えていけばいいか、できるだけコストパフォーマンスを良くするにはどうしたらいいかといった話。また使っていたらいろんなトラブルが起こります。こんなこと誰にきけばいいの?というような個別のいろいろな困りごとが発生します。

 

Hさんはこのあたりをオールラウンドに対応できる人です。起業前から知人をサポートしてきました。うわさがうわさを呼んでHさんに助けてもらった人は広がっていきました。明らかにニーズがあるという感じです。でもHさんにとってこういった仕事は自分が得意にすることであっても、わくわくする系のものではありませんでした。

 

一方でHさんが本当にやりたいことは起業家の生放送をつくることでした。一生懸命がんばっている起業家の今にスポットライトを浴びせることでもっともっと世の中に知る人を増やしたい!それがシンプルな強い想いでした。

 

お客さまに求められていることと自分がやりたいこととが二つある。起業する以上、自分がやりたいことを仕事にしたい。でもお客さまに求められていないければビジネスは成り立たないのではないか?Hさんは悩みました。こんなときどうしたらいいんでしょうか?

 

答えは自分がやりたいこととお客さまに求められていることを足し算します。一見、二つは違うもののように見えます。でもよくよく考えると起業家に寄り添ってその人を応援していきたいというところが軸足にあります。なのでブレはありません。あとはビジネスのつくり方ひとつです。常日頃発生するパソコンの困りごとで信頼関係をつくり、その人を生放送で売り出していけばいいんです。

 

起業ネタは、「自分がやりたいこと」と「お客さまが求めていること」を足し算して考える。Hさんの事例を参考にしてみてください。

 
わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタはやりたいことと求められていることの足し算

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP