顧客ターゲットの決め方

2015.07.11 (土)

「顧客ターゲットをどうやって決めたらいいか悩んでいます」

 

ハイブリッドキャリアスクールの初期段階の人に
よくある質問です。

 

「こんなお客さまがいいんじゃないの?」
「こういう人にうけると思う」
「こんな人にはニーズがあると思う」

こんな感じであたりをつけたりしがち。

もちろん顧客ニーズの想像はしたほうがいいです。

こんな人かもとあたりをつけたらきちんとリサーチしてみます。

でもこれらより大切なことがあります。

顧客ターゲットを決めるとき大切なことは、
あなたが心から応援してあげたい人はだれなのか?ということ。

継続してその人のことを思いつづけられるのはどんな人なのか?

心から応援してあげたいのなら、
相手の気持ちが「自分事」として理解できる必要があります。

相手と同じ目線で考えてあげられることです。

ビジネスの根っこは相手の悩みを解決することです。

悩み解決には、まず相手と共感をつくらないといけません。

顧客ターゲットを決めるもう一つの視点に情報発信があります。

起業家は専門家としての地位をつくっていきます。

そのために専門家としての情報を日々発信しつづけていきます。

専門家情報とは相手にとって役に立つ情報です。

より有益な情報を届けるには相手を特定しないといけません。

相手を特定しないととんがった情報にならないからです。

「たった一人」を決めます。

専門家情報を発信したい相手はだれなのか?

これも重要な視点です。

顧客ターゲットを決めるには、
想像よりも自分事を先に考えること。

忘れずに実践してみてください。

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

現在の記事: 顧客ターゲットの決め方

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP