起業準備はサラリーマンのうちにたくさん失敗しよう

2015.11.05 (木)

これから起業へ向けて動き出す人は決まって「失敗が怖い」と言います。じゃあ、失敗ってなんですか?と質問します。借金でお金がまわらなくなって倒産すること・・・こんな答えが返ってきます。

 

それって独立起業がはじまってからのことですよね?サラリーマンで起業準備しているときにはそんなことってないですよね?だってお金は給料があるからなくなることってないですもんね。
そ、それはそうなんですけど・・・

 

こんなやりとりになります。そうなんです、起業準備しているときは致命的な失敗なんてないんです。実行する前からいろいろ考えて何もやらないことの方が人生では失敗です。むしろたくさんの失敗経験を積むことの方が大切なんです。

 

セミナーをやったけど集客ができなかった・・・これでいけると思った商品が売れなかった・・・自分が思っていたこととはまったく別のことを要求された・・・ブログを書くのがうまくいかなかった・・・

 

こんなことは日常茶飯事。というよりこの経験があるから次が生まれます。経験のない人には次がありません。起業準備中にどれだけ試行錯誤ができるか?失敗はとても重要です。

 

失敗が重要なのは失敗だけで終わらせないからです。なぜ失敗したのか検証するからです。次回はどうしたらうまくいくのか?実体験にもとづいた対策を打てます。そのことすべてがあなたの財産になります。

 

失敗でショックを受けることもあるかもしれません。でもショックを受けたときにこそ本当の意味で自分と向き合えるものです。ショックの度合いが大きい方が失敗の理由を痛感します。二度と同じ失敗を繰り返さなくなります。

 

【サラリーマンで起業準備をしているうちにできるだけたくさんの失敗経験を積む】これこそ起業後の成功確率を上げる一番の近道です。失敗という言葉に惑わされないようにしましょう。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備はサラリーマンのうちにたくさん失敗しよう

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP