焚き火とフリーエージェントアカデミーどっちが本業?

2017.09.12 (火)

週末「焚き火セッション」をやってきた。焚き火セッションとは文字通り焚き火を囲んだコンサルの場だ。通常事務所で行うハイブリッドキャリアスクールの授業。この日はアウトドアに飛び出して行おうというもの。野外で五感を開くこと、気持ちを開放すること、焚き火を見つめながら素の自分を取り戻すことで発想を広げる効果がある。

 

焚き火セッションではテント設営、場の機材セッティング、火おこし、食材準備、皿洗いの全てをメンバーにやってもらう。常日頃やらない非日常体験をチームメイトと一緒になって作業することで、より一体感を増すことにつながる。人間の原点回帰とでも呼べることだろう。アカデミーの中でも重要な位置を占める場だ。

 

そんなセッションが終わった後のアフター焚き火。火を見つめながらアルコール片手に行う講義終了後の時間だ。これが圧巻だ。設営作業などを共にやりながら雑談をすることで、今まで知らなかったチームメイトの一面を知るのでより打ち解けた会話になる。その場でのやりとりだ。

 

「団長(三宅のこと)、焚き火とアカデミーどちらが本業なんですか?」メンバーの一人が質問をしてきた。「焚き火やね」即答した。「へえーそうなんですねー」メンバーは驚きと関心の表情だった。この答えには含みがある。あなたも心からたのしいと思える仕事を創り出してほしい。そんな想いがある。僕にとって焚き火で場をつくることはそれに値する。

 

アカデミーも僕の中では場づくりだ。新たな人生を踏み出すとき。応援し合える仲間をつくるとき。起業して飛び立つとき。起業した後お互いを励まし合うとき。その人の成長に合わせたすべての場をつくる。そしてご縁があった人がいきいきワクワク毎日を送っていく。自分だけの人生を歩んでいく。それができるサポートをしたい。

 

焚き火もフリーエージェントアカデミーもどちらも本業。だからどちらも本気でやる。実は僕の中で二つの事業の根っこは同じだ。一人ひとりが羽ばたいていけるステージをつくる。そんな舞台設定ができる人間になりたい。そのことに醍醐味とやりがいを感じる。個人一人ひとりが個性を発揮し、それぞれを認め合う世界。必要なときは応援し合って事を成し遂げる世界。そんな世界を具体化するためなら何でもやりたい。それが自分の人生だから。焚き火セッションを通じてそんな気づきを得ることができた。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 焚き火とフリーエージェントアカデミーどっちが本業?

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP