起業準備そこそこで離陸するとこんなことに・・・!?

2016.10.14 (金)

起業を成功軌道に乗せるには、起業前に「正しい手順」で周到な準備をすることが必須です。正しい手順とは、同じ志の仲間をつくる、自分軸を立てる、専門分野を決める、ビジネスプランを練り込む、情報発信を始める、商品サービスを試してみる、収支計画を立てるというながれです。ちなみに、会社設立とか資金調達などは起業準備とは言いません。これらはそれが必要になったときの手続きです。間違わないでくださいね。

 

起業準備にはこうした下地、土台づくりが必要です。でもなかには準備不十分のまま「エイヤ!」で独立起業離陸してしまうケースもあります。準備が不十分で離陸するとどうなるのか?今日はそんな事例をご紹介します。

 

Aさんはサラリーマンとして激務でした。早朝から深夜まで会社に拘束される毎日。土日出勤を余儀なくされることも。でもいつか起業したい。このまま日々に追われていたらいつまで経っても起業活動を始めることができない。ここで決断するしかない。ということでいきなり会社を辞めました。

 

何となくやりたいことはありました。でも何をどうするかも決まっていません。とりあえず業者に発注して名刺を作りました。どう書けばいいかもわからないので会社チックなデザインに。次にホームページが必要と感じ自作し始めました。

 

会社を辞めて2ヶ月強、こんな毎日を送りました。その間給料が入ってこない現実に直面しました。それがどんなことなのか実感しました。辞める前からわかっていたこととはいえ、実際に給料がなくなるとその重みを痛感しました。「このままやっていけるんだろうか・・・」考え始めると行き場のない不安が募ってきます。

 

これから事業を進めていくための方向性と規模はどう考えたらいいのか?今後どこから手をつけたらいいのかわからない、自分のウリがはっきりしていない、自信がない、不安が大きいときはどうしたらいいんだろう?そんな思いが頭を巡りました。早く何とかしないと!気持ちばかりが焦ります。精神的にも追い込まれていきます。

 

事業を進めていくための方向性がないのは、自分軸が決まっていないから。規模をどうするかなんて今考える必要はありません。まずはお金をかけず小さく始めることです。どこから手をつけたらいいかわからないのは、正しい手順を知らないから。自分のウリがはっきりしないのは、専門分野が確定していないから。商品サービスも不明瞭なままだから。専門分野や商品サービスが決まっていないのにホームページは作れるはずがありません。

 

起業前の準備を怠るとこんなふうになってしまいます。独立後は日々お金との闘いです。不安が大きくなるのはそのせいです。だから起業前に正しい手順でしっかり準備をすることが必要なんです。この現実をしっかり受け止めておきましょう。

 
わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備そこそこで離陸するとこんなことに・・・!?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP