起業のお金の不安を解決するには?~収入3階建てプランをたてる

2016.01.11 (月)

起業の一番の不安はお金です。残念ながら、お金の不安を解決する根本的な方法はありません。ただ必ず起業前にやってほしいことがあります。起業離陸した後あわてないためにやってほしいこと、それが必要な収入を「3階建てで組み立てる」ということです。独立直後、最低限必要な月収はいくらですか?生活をしていく上で必要な収入という意味です。それを3階建てで分解していきます。

 

3階は「わくわくすること・やりたいこと・情熱がかけられること」(LOVE WORK)、2階は3階のわくわくすることに「関連すること」もしくはこれまでの経験から「できること」(LIKE WORK)、1階は「生計を立てること」(RICE WORK)です。1階から3階を足し算してあなたが必要な収入を組み立てていきます。ここでやる作業は机上の空論ではいけません。より現実的に考えてみてください。1階は、失業保険や貯金の取り崩し、アルバイトといったものが入るイメージです。

 

なぜこんなことをするのでしょうか?ここでリアルに考えておけばおくほど、実際ふたをあけて予想外のことが起こっても対応できるからです。逆にこれをやっておかないと、予期せぬ事態で慌てることになります。慌てるだけならいいですが、取り返しのつかない事態になったら元も子もありません。お金に窮してしまうとにっちもさっちもいかなくなります。

 

起業には「覚悟」が必要だと言います。僕も起業前、先輩からこの話をよく聴きました。でも「覚悟」の本当の意味がわかりませんでした。「覚悟」とはこうして自分が追い詰められたとき、リスクをどうとるかを決めておくことです。知り合いの起業家はバイトを3つ確保して会社を辞めたそうです。僕の例だと、起業1年目に1階と2階としてキャリア相談とコミュニケーション講師の時給バイトをやっていました。

 

その意味で大切なのが2階です。あなたがこれまでやってきた仕事や経験の中で人より少しできること、得意なことは何でしょうか?まずはそれでお金を稼いでいきます。サラリーマンを続けながらです。

 

世の中には忙しくて、ほんとはやらないといけないけど手につかないことを抱えて困っている人がたくさんいます。「緊急ではないけど重要な案件」です。そうした人の困り事を「代行する」ことでビジネスをつくっていきます。2階をもっていると起業はスムーズに進みます。稼ぐ基盤づくりをしつつ、好きなこと、情熱が傾けられることへシフトしていきます。

 

別の知り合いの起業家は、独立して3ヶ月やって収入がゼロだったら、起業を辞めて転職すると決めていたと言います。この人は3階だけで勝負したわけです。ある意味、こうした自分なりのものさしをしっかり持っておくことが大切です。

 

天職塾フリーエージェントアカデミーには、独立起業後、今いる会社と業務委託契約をして当面の稼ぎをつくるやり方を実践した人たちがいます。会社に雇用されるのではなく、対等の関係をつくって、業務委託で収入を得ながら本当にやりたいことをつくっていく。これからの新しい働き方の選択肢と言えます。自分サイズ起業入門セミナーではこんな先輩たちの事例も紹介しています。お気軽にご参加になってみてください。

 

自分サイズ起業入門セミナーお申込

[contact-form-7 id=”7869″ title=”検証用_好きなことで起業入門セミナー申込フォーム”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業のお金の不安を解決するには?~収入3階建てプランをたてる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP