サラリーマンから起業後の集客はどうやってやるの?~情報発信×見込み客を集める

2015.12.30 (水)

「行動が大事というけど、まず何から始めたらいいんだろう?」そう感じますよね?サラリーマンから起業を目指すとき、まず最初に起こす行動は「情報発信」です。

ひと通りビジネスをつくりました。でも世の中にあなたのビジネスの存在を知っている人は一人もいません。一人でも多くの人にあなたが何者なのか?あなたのビジネスがどんなものなのか?知ってもらうことつまり認知活動です。

 

情報発信はリアルとネットの両面からやっていきます。アナログで人柄を伝えるというのはとても大事なことです。あなたの人間性がビジネスをつくる基盤です。でもリアルで人と会うことは物理的、時間的に限界があります。一人でも多くの人にあなたのことを知ってもらうにはやはりネットの活用が必須です。リアルとネット、どちらか片方だけやってもだめです。必ず【リアル×ネット】2つセットの両輪を頭に入れてください。

 

情報発信をしていないと人は集まってきません。あなたをどれだけ「露出」できるか、これが起業立ち上げ最初の成否を分けると言っても過言ではありません。

 

行動のキーワードは大量発信です。今できることからはじめて、できるだけ大量に発信していきます。情報発信の最終目的は、「見込み客を集める」ことです。集客はビジネス継続の命綱です。継続的に集客できる仕組みをつくることができたらビジネスは安泰です。事業は継続できたら成功です。

 

そのためには継続して情報発信していくことが必要です。ところが情報発信は長続きしないものです。やらないといけないとわかっていてもなかなかできません。続けるコツはあれもこれも手を出しすぎないこと。続けられそうなことをやることです。続けられそうなことを習慣にしていくことを目標にしてください。

 

集客ができない・・・と悩んだら、できることを全部やってみることです。これが大量発信の意味です。「今できることをすぐやってみる」「できることを片っ端からやってみる」です。そんな泥臭いこと?当たり前のこと?そう感じますよね。でも当たり前のことを愚直にやった人だけが成功します。

 

広告とかを見ていると、3ヶ月で何百人のお客さまを集めた!とか何百万、何千万の売上をつくった!というものを目にしますね。そうしたものの裏には表からは見えないコツコツとした泥臭い活動が隠れているものです。見える結果だけに踊らさせないよう注意してください。

 

いろいろなことを実践し、失敗や試行錯誤を重ねる中から自分だけのやり方が見つかっていきます。「迷ったら前へ一歩出る」起業家にとって大切な心得の一つです。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンから起業後の集客はどうやってやるの?~情報発信×見込み客を集める

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP