起業するなら守破離の考え方を励行しよう

2018.04.26 (木)

起業で結果出せる人には共通点がある。それは「四の五の言わずに言われた事を言われた通りすぐ実行すること」だ。たくさんの起業家、起業家の卵を見てきて感じる紛れもない事実だ。本記事ではすぐ行動に移せる人についてまとめた。

 

人は大人になるしたがって今までの経験値を積み重ねていく。この経験値から導き出された「自分のルール」「自分の当たり前」みたいなものをつくっていく。これが判断基準になる。それはそれで当たり前のことだろう。

 

でもこれから知らない世界へ進もうというときは考え方を変えることだ。そういった既成概念に邪魔されることなく「言われた事を言われた通り」にやってみる。「講師はこう言っていたけど自分は今までこうやってきたからちょっと違うと思う」「そうは言われたけどいろいろ事情があってできない」こんなふうに言っている人は間違いなく結果が出ない。

 

自分が生きてきた延長線上だけには新たな視点はできにくい。自己流に固執すると視野が狭まる。結果遠回りしてしまうのが関の山だ。現実にそんな人をたくさん見てきた。

 

日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方に「守破離」という考え方がある。「守」は無知から真似る段階。既知のセオリー通りにやってみる。師についてその流儀を習いその流儀を守って励むこと。

 

「破」は思考して考える段階。あえて既知のセオリーに逆らってみる。師の流儀を極めた後に他流をも研究すること。「離」は卒業から独自の世界を創造する段階。既知のセオリーとは違う独自のセオリーをみつける。自己の研究を集大成し独自の境地を拓いて一流を編み出すこと。

 

まずは「守」ということだ。自分のオリジナルを確立したい。その気持ちは大切だ。でも起業という未知の世界を我流で進んでもうまくいくはずがない。実際の起業という世界を実践してきた先人の知恵をまずはそのまま実践してみる。実践の先に初めて見えるものが出てくる。見える前から自分でやっていては結果なんて出るはずがない。多くの人が陥りがちな落とし穴。心得ておいてほしい。

 
遠距離でも自宅から気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業するなら守破離の考え方を励行しよう

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP