サラリーマンと起業家のちがい~自分に正直に生きる

2016.11.24 (木)

起業すると自分に正直に生きられるようになります。自分がやりたいことをやる。たのしいと思えることだけやる。窮屈なことはしない。基本自分が嫌なことはしない。一緒にいて気持ちいい人といる。付き合いたくない人とは付き合わない。ホンネで話せないところはどんどんなくしていく。そんな感じです。

 

サラリーマンをやっているとそうはいきませんよね。会社があって、組織があって、決まりがあって、上司がいて、部下がいて、立場があって、周囲の目があって・・・まさにしがらみだらけです。「ホンネはこうなんだけど、しょうがないな・・・」そんな場面が多いはずです。

 

サラリーマン時代は僕もそうでした。うれしいことはうれしい!悲しいことは悲しい!良いことは良い!悪いことは悪い!基本そんな単細胞です。現場で肌で感じたことが全て。もし現状が間違っているのならすぐにでも正したい!そんな感じで動いていました。お客さまや現場のためになっていないことは許せませんでした。だからすぐさま進言しました。小手先を使うのは苦手なのでストレートに伝えました。「そうはいっても現実があるからね・・・」「会社には順序があるから」「ちゃんと根回ししないと」そのたびに言われました。「今すぐやらんといかんのに、何でそんなまどろっこしいことをしないといけないの!」いつもそう感じていました。

 

大きな組織でのしがらみ、ベンチャー立ち上げと倒産、創業社長のワンマン経営を経て会社を卒業しました。「ホンネで会話ができないところに正しい道は拓けない。新しいものも生まれない」23年のサラリーマン経験で培ったこの信念はずっと変わりません。以来どれだけホンネが言える職場をつくっていけるかを模索しつづけています。

 

ただ誤解しないでほしいことが一つあります。起業したらやりたい放題ということではありません。自分勝手、自己中心では相手とのやりとりは成り立ちません。相手のことを考えた上でどうしていくかを決めるのは大前提です。無責任もNGです。自分で事業をやる以上、家族そして会社そして社会にも責任をもった行動をする。当たり前のことです。自由で自分らしく「責任をもって」自分サイズのしあわせをつかむ。フリーエージェントたる所以です。

 

これから1年、2年、3年と本来の自分を抑えたまま毎日を過ごしていきますか?それとも自分の人生、自分に正直に生きていきますか?起業して自分に正直に生きてみる。人生の選択肢を決めるのはあなた自身です。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンと起業家のちがい~自分に正直に生きる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP