起業準備に失敗する人の習慣

2016.06.08 (水)

これまで5年以上に渡って1000人以上の起業相談、250人以上の起業サポートをしてきました。起業を成就する人は多数出ています。一方で残念ながらいったんは起業を志しながら頓挫してしまう人もいます。起業準備を失敗してしまう人にはいくつかの習慣やパターンがあります。どんなものか挙げてみますね。

 

(1)起業離陸期限の決まっていない人
期限の決まっていないところには行動が起こりません。サラリーマンをやっていたら給料がもらえるわけですから別に起業準備しなかったらといって何も困ることはありません。「仕事が忙しくなった・・・」とズルズルいくだけです。「最初は会社の仕事がいやで起業しようと思ったけど、準備中に異動して仕事がたのしくなった」こんな例もあります。「いつか起業したいなあ・・・」憧れはいつまで経っても憧れのままです。

 

(2)自立・自律心がない人
起業は一人でやっていくものです。自分が決め、人に頼ることなく行動していく必要があります。サラリーマンをやっていると会社に依存するという姿勢がにじみついてしまいます。いつも誰かにサポートしてほしい、仲間と一緒にやっていきたいといった気持ちがある人は前に進めません。周囲の声に振り回される、次から次へノウハウを集めたくてセミナーを渡り歩く、友人と一緒に起業したい・・・このタイプの人によくあるケースです。自立は自分で立つこと、自律は自分を律すること。言葉の意味を理解してください。

 

(3)起業準備中に売上を上げる仕組みをつくることに意識がない人
起業準備中に具体的目標がないと頓挫してしまいます。「絶対やり切る」的な精神論だけではだめです。起業準備中に毎月セミナーが開催できるようになる、ホームページに1000アクセス集める習慣をつくってしまう、月1万円売上を上げられるようになるといったものが具体的目標です。起業準備中に達成できたら起業スタートしてから軌道に乗るまで足がかりになります。起業離陸期限を決めたら具体的目標をやり切っていく、これが成功へ向けたツボです。

 

「起業離陸期限を具体的日付で決めること」「自立心をもつこと」「自律心をもつこと」「起業準備中の具体的行動目標を決めること」起業準備で失敗したくなかったら心して持っておきましょう。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業準備に失敗する人の習慣

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP