独立へ資格を取ろうとする前に大切なこと

2016.04.22 (金)

独立起業しようとしたら「何かハクになるものがほしい」「資格の一つでもないと認めてもらえない」「名刺に書ける肩書きがほしい」こんな感じで考えてしまいますよね?資格を取るのは素晴らしいことです。でも取る順番があります。正しくは、まず自分のビジネスをかため試行錯誤し、その後必要になった資格を取得するという順番です。

 

よくあるのはキャリアカウンセラーや心理カウンセラーといった類の資格です。キャリアをサポートする仕事がしたいからキャリアカウンセラーの資格を取る、相手の内面相談に乗りたいから心理カウンセラーの資格を取るといった感じです。

 

このケースなら、最初にどんな人のどんなキャリアについてサポートしたいのか?どんな思いがあってその仕事がしたいと思うのか?自分自身のこれまでの体験の中に結ぶつくものがあるのか?などをかためていきます。そしていったんビジネスの形、商品サービスまでつくってみます。そこそこできたら実際に何人かの人の相談に乗ってみます。

 

目的は自分の力がどこまであるのかを確認することと、実際のお客さまの困り事、悩み事をつかむことです。実際にサービスを提供すると相手の反応がダイレクトにわかります。自分が思っていたのとは違うことが起こります。ビジネスはお客さまの悩み事をしっかり把握していくことから始まります。自分がこうしたいというのは二の次です。まずはお客さまの悩みを解決することに注力します。世の中には資格だけを振りかざして仕事を取ろうとする人がいます。それではビジネスは成り立ちません。

 

実際に行動して試してみて、お客さまと対面する技術としてキャリアカウンセリングが必要になったら、その時はじめて資格取得を考えていきます。資格取得にはお金が掛かります。自己投資ですね。独立起業していくのは自己投資もするべきです。ただ限られたお金です。自己投資の順番を間違わないようにしたいものです。独立起業したいのなら、資格取得の前にビジネスづくりや集客ノウハウに使う方がいいです。まず稼げるようになることが先決だからです。

 

僕もNLPなる資格を取りに行きました。まだ何をするか明確でない頃です。40万円近く受講料を払った記憶があります。名刺に書きたい、それなりに見てもらいたいというのが目的でした。結果から言うとその時点でNLP資格は不要でした。学んだことは無駄ではありませんがビジネスには直結しませんでした。自分のビジネスに必要なコミュニケーション技術は他のものでした。ビジネスをはじめてからわかったことです。

 

【独立に必要な資格はビジネスを動かしてから考える】結構大事なことです。忘れないでくださいね。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 独立へ資格を取ろうとする前に大切なこと

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP