起業して専門家になる方法【動画】

2016.02.01 (月)

起業するとは専門家になることです。専門家には専門分野が必要です。専門分野を決めるとは、「○○の第一人者になる」、「○○と言えば自分」になることを決めることです。一見、敷居が高そうです。どうやってつくっていけばいいんでしょうか?

 

ちなみに僕は「起業前のモヤモヤを解決する専門家」「ゼロからの自分サイズ起業の第一人者」「起業モヤモヤと言えば三宅」です。今でこそ自信をもっていますが、起業当初にこんなことが言えたはずがありません。

 

サラリーマンとしての絶頂から転落、1年間にわたる強烈パワハラを受けました。どん底のときは、人と顔を合わすこと、話すことさえできませんでした。自分がこんな状態だったことを他人に話すことは正直いやでした。マイナスの体験ですから。こんな暗い過去があるなんて言いたくもありませんでした。

 

でも起業してマイナスの体験をすべてオープンにしました。世の中には大なり小なり同じような思いで行き詰まっている人がいるはず。そんな人に少しでも役立つのならという思いだったのかなあ?定かではありませんがとにかく自己開示しました。

 

すると「三宅さんの過去の体験に共感しました」「同じ思いをしていらっしゃるので気軽に相談できそうと思いました」「上手くいっている人とは共通点がないので話しづらいです」こんなお話をいただくようになりました。

 

専門分野は自分の過去にこそネタがあります。厄介なのは、このネタは自分だけで考えても出てこないところです。なぜなら自分だと当たり前と思っているからです。

 

今まで自分の弱みとかコンプレックスに思っていたものでも、視点を変えると強みや独自性に変わります。さらに言うと、負の体験こそ他に変えられない財産です。お客さまの痛みがわかってこそ本当の解決策を生み出すことができます。これがビジネスの基本だからです。

 

その意味であなたが背負ってきた過去や苦労はすべて専門分野として生かすことができます。むしろ苦労や挫折経験のない人は専門性を立てるのが難しいです。あなたが歩んできた人生はオンリーワンです。専門性、独自性をつくるのは、あなた自身の人生ドラマそのものです。

 

天職塾ベーシック授業でそのあたりを話しました。ご覧になってみてください。
 

 
わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業して専門家になる方法【動画】

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP