起業するのに成功する人としない人の違い

2016.09.07 (水)

起業へ向け成功する人としない人の違いにはどんなことがありますか?よく受ける質問です。いくつかあります。その中ではっきりしたものが一つあります。それは学んだことをそのまますぐやってみるか否かの違いです。

 

例えばAさんとBさんが同じセミナーを受講したとします。そこであるノウハウを仕入れました。講師は経験もあるし人間力もありそうな人です。Aさんはセミナーが終わるなり、すぐさまそこで学んだことを実践に移しました。講師に教わった通りにやってみました。Bさんは「うーん、たしかに良いノウハウっぽいけど・・・他にもどんな情報があるか調べてみよう」と本を買ったり、別のセミナーに行ったりしました。

 

起業で成功するのはAさんです。Bさんは知識は人一倍持っています。でもいつまで経っても行動には移していません。いわゆるノウハウコレクターになってしまいます。起業に成功できない人は新しい知識を得てから行動に移すまでの時間が長すぎるわけです。

 

物事を実践するのに必要十分な知識なんてありません。まして起業は今までに世の中のない新しいことを仕事にします。ビジネスは生身の人間を相手にします。型にはまった答えなんてあるわけがありません。やってみた結果、新しい答えが見つかっていきます。

 

起業家を育成する身として、日々生徒さんに教えています。正直に言うと同じことを教えても誰もが同じように結果が出るわけではありません。この結果の差は突き詰めると、言われたことをそのまま素直にすぐ実践に移せるか否かの違いです。学んだけど自分の中であーだこーだ思っている人は結果が出ません。

 

もちろん学んだことだけで全てうまくいくわけではありません。やり始めると修正すべき点は出てきます。走りながら修正し、修正しながら精度を上げていきます。でもやってみないと修正点すらわからない状態です。ビジネスプランをつくった、でも何だか自分としてしっくりこない、だからやり直してみた・・・こんなふうに机上でいくらやっても時間のムダにしかなりません。うだうだする前に知り合いの提供してみたらいいんです。そこから次のステップが見えてきます。

 

ブログをどうやったら書けるようになるのかを考える。いろんな本や教材やセミナーに参加する。言っていることはみんなバラバラ。いったいどれを信じてやればいいんだろう・・・こんなことを続けていても一向に事は前に進みません。そんなときはとにかく書いてみる。文章なんて下手でも何でもいいから書き始める。そしてそれをとにかく続けてみる。そんな中から自分なりのノウハウが生まれてきます。

 

知識とは行動に移して初めて価値が出るものです。頭でっかちにならないようにときどき自分を振り返ってみてください。

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するのに成功する人としない人の違い

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP