起業家とサラリーマンの仕事の仕方とちがい

2015.10.08 (木)

サラリーマンとしての仕事の進め方は、起業家の仕事とは異なるものです。

 

例えば、ある一つの企画があったとします。通常その企画を組み立てるのには複数の会社が関わります。会社には発注上の上下関係があったりします。仕事をもらっている会社は発注先の会社の顔色をいつも気にします。

 

A社とB社で下見にいったとします。ちなみにA社がB社に発注を出している会社だとします。段取りが悪くて現場で予期せぬ事態で起こりました。「A社さんの印象を悪くしてしまったようです」後日B社からこんな報告があったりします。

 

一見普通のやりとりに見えます。でもここでいうA社は仕事を受けている会社です。本当のお客さんはエンドユーザーです。A社も受注元の一社に過ぎません。なのに周囲はA社の顔色ばかりうかがう。そしてA社に気に入ってもらうように企画を組み直す。それも合うように現場の人に無理難題を出す。結果、現場の人がくらだないことに振り回される・・・

 

これって変ですよね?本当のお客さんが誰なのか?その根っこの部分が抜け落ちています。「あなたはいったいどこへ向いて仕事をしているの?」そう言いたくなります。でもサラリーマンだとよくある仕事の構図ですね。

 

起業家はここがシンプルです。自分のお客さんは誰なのか?お客さんによろこんでもらうためにどうしたらいいのか?そこだけを考えて仕事をしています。

 

仕事にはエンドユーザーがいます。エンドユーザーへ近いところには現場の人がいます。現場の人には一人ひとりの気持ちがあります。現場でやってくれている人の気持ちや想いを逸脱した仕事はしない。サラリーマン時代から変わらない僕のポリシーでもあります。

 

本来エンドユーザーに向いて仕事をするというのは、サラリーマンだろうが起業家だろうが変わらないものです。「お客さんに向いて仕事をする」一番大切なものを見失ってはいけません。

 

【仕事はコンテンツでなく人とやるもの】これからも起業家として大切にしていきたい信条です。

 
初心者のための自分サイズ起業入門セミナー≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業家とサラリーマンの仕事の仕方とちがい

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP