起業するならサラリーマンの特権を200%利用しよう

2016.08.28 (日)

サラリーマンには大きな特権があります。それは専門的な知識や情報をタダでゲットできるということです。経理部に行けば経理に関する情報、広報部に行けば広報に関する情報、総務部に行けば人事に関する情報、法務部に行けば法律に関する情報・・・こんなふうにあらゆるところに専門ネタが転がっています。特に組織が大きくなればなるほど業務は細分化します。細分化するということはそれだけ専門性が高くなるということです。会社に居ながらにして貴重なネタを手に入れることができるわけです。

 

さらに言うと、貴重な人脈もゲットできます。そのためには、こんな部署の同僚と仲良くなっておくことです。仲良くというのは会社という枠をはずして1対1の友人としてという意味です。起業して会社を卒業した後も連絡を取り合ってつながっておきます。そしてたまに食事に行ったりします。「お前、そんなことしてたんだ。じゃあ会社の知り合いにちょっと話してみるよ・・・」ふとした雑談から仕事の話につながったりします。例えば企業研修を企画して自分が居た会社へアプローチしてみたいときなど、友人がいるかいないかでは雲泥の差になります。仕事は思わぬところから降ってくるものです。常日頃の人付き合いのメンテはとても重要です。

 

独立した後、専門的なノウハウや情報を知りたいと思ったら全てお金が掛かります。人脈をつくるのにもお金と時間が必要です。サラリーマンはお金をもらいながら情報と人脈を得ることができます。この差がちゃんと認識できたら、今会社にいることの価値がどれほどのものかがわかるようになります。

 

今でこそこんなアドバイスをしていますが、これはサラリーマン時代の僕の反省から来ています。大きな組織にいたとき、会社がイヤなことだけが先行してこんな意識はゼロでした。思い返すとそれぞれに超プロフェッショナルといえる人たちがいたんですね。さらに自分が50代という世代です。当時の同僚たちはみんな部長以上の要職になっています。なかには取締役クラスもいたりします。大手企業の取締役とぶっちゃけで案件の話ができるなんて、コネがなければ有り得ない話ですよね。

 

毎日漫然と会社と自宅の往復をしていてはだめですよ。自分が起業するときを見据えて、自分にとって必要なネタをすべて吸い取ってやる!人脈になりそうな人とは全てつながっておく!くらいの意気込みを持ってください。仮に会社にいくのがイヤになったとしてもこんなふうに考え方を割り切れば毎日が変わってきますよね。起業するならサラリーマンの特権を200%利用してください。サラリーマンの今しか使えない特権です。

 
起業モヤモヤを解決!無料音声ガイドはこちら ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業するならサラリーマンの特権を200%利用しよう

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP