起業してはじめてわかるサラリーマンと起業家の違い

2016.06.28 (火)

先日、起業して1年目の知人と打合せをしていたときのこと。何となく話の方向がサラリーマン時代と起業家になってからの違いへとながれていきました。興味深い内容があったのでご紹介しますね。

 

———————-
独立起業してからはストレスがなくなりました。サラリーマン時代は人間関係とかどうでもいいことにパワーを使っていたと思います。自分が評価されると足の引っ張り合いをするとか今思えば情けないことが多々ありました。もう一つ、自分の力が100%発揮できていると思います。人に感謝される→役に立っている実感がある→行動量が増える→エネルギーが湧いてくる・・・こんな好循環があります。稼いでいない時間の使い方も大切ですね。
———————-

 

こんな話をしてくれました。知人は独立して1年が経過したところです。サラリーマン時代は誰もが知る大手企業にお勤めでした。まさにがむしゃらに動いてきました。これまでの自分の行動を振り返っての言葉です。

 

「ストレスがない」。まさにその通りです。ストレスに人にはつきもの、なので完全にないとは言えないでしょう。でも「変なストレスがない」というのが適切は表現かもしれません。自分がやりたいように責任をもってやれるとこう感じるようになります。

 

「自分の力が100%出し切れる」。これもその通りです。サラリーマン時代は組織の歯車の一つ。全体としてこんなことがしたい、自分ならこうすると思ってもできません。こんなこともストレスの一種ですよね。

「稼いでいない時間の使い方」。これは示唆がある話でした。サラリーマン時代は自分が稼いでいるという感覚がありません。起業家は、稼いでいないときの時間の使い方が大切です。稼いでいない時間とは、お客さんの接していないときのことです。そのときに、種まきのこと、次のステージのこと、そして自分の未来図のことなどなどをじっくり考える。ある意味「自分のメンテナンスする時間」です。日々稼ぐことに追われるのが実情。でも起業家はこの「自分をメンテナンスする時間」をしっかり持たないといけません。

 

独立起業1年経過した人の話、とてもリアルで役立つ内容でした。もしこんな感覚味わえると思ったらどんな気持ちになりますか?ずっとモヤモヤし続けていてもトンネルは抜けられません。大切なのは小さな一歩を踏み出すことです。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業してはじめてわかるサラリーマンと起業家の違い

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP