サラリーマン時代に起業へ向け勉強すべきこととは?

2015.06.06 (土)

サラリーマンでいるうちに起業へ向けて何を勉強したらいいと思いますか?
会社のつくり方、税金の知識、資金の集め方・・・
いえいえそんなことではありません。
これらは専門家に任せればいいことばかりです。
それぞれ一冊、本を読んでおけばいいです。

 

それよりも大事なことは「集客」です。
どんなすばらしいビジネスプランをつくってもお客さんがいなかったら無用の長物。
集客はビジネスの根幹です。

 

じゃあ、集客の勉強は何からはじめたらいいんでしょう?
それは「書く力」です。
自分が思っていることを「言語化」する力です。

 

お客さんを集めていくのに必要なのが情報発信。
情報発信はインターネットでやっていきます。
ホームページやブログ、メルマガって何でできていますか?
どうやって情報を得ていますか?
そう、すべて文章、テキスト情報です。
あなたが考えていることを文字にしないと相手には伝わりません。
だから書く力が必要なんですね。

 

「文章書くの苦手なんだよねー」
こんな声も聞こえてきそうです。
というかほとんどの人がそうだと思います。
サラリーマンをやっていて文章で相手に伝えることなんてしないから当たり前です。

 

どうしたら書く力をつけていけるのか?
3つのポイントがあります。

 

一つ目は、何度も読みたくなるメルマガやブログを真似てみること。
相手に伝わる文章を書けと言われてもどうしたらいいかわかりません。
最初は自分がこの人の文章は読みやすいなあ、伝わってくるなあ、というものを真似てみましょう。
真似ながらだんだんと自分オリジナルなものへ変えていきます。

 

二つ目は、型をつくること。
情報発信には継続が必要です。
継続してはじめて成果が出ます。
三日坊主では意味がありません。
毎日ゼロから書き始めると大変な労力がかかります。
このパターンで書くという自分なりの型をつくってください。

 

三つ目は、数をこなすこと。
書く力は一朝一夕ではできません。
日々書きつづけることでだんだんとリズムができ書けるようになります。

 

最初から書く力のある人なんていません。
とにかく発信。書くことに慣れていくことです。

 

起業家にとって言語化するスキルは必須です。
サラリーマンでいるうちからぜひ力をつけていってください。
毎日のコツコツした積み上げが起業後の大きな財産に変わっています。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマン時代に起業へ向け勉強すべきこととは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP