これからの起業は「ないない尽くし」のピン起業

2017.01.18 (水)

起業するのに必要なものは何か?資金、知識、人脈、経験、スキル、設備・・・こんな感じのものが浮かんでくると思う。お金なし、知識なし、人脈なし、事務所なし、従業員なし、設備なし・・・ないない尽くしだったらどうなるか?それでは起業なんてできない!一見ネガティブに見えるかもしれない。でもそれはまったくの逆の話。

 

お金がないからといって融資を受けると借金を抱えることになる。借金を返しながらの経営はきつい。知識がないからと学びに行くと学びだけでお金と時間がムダになる。人脈がないからといって異業種交流会に行くと自分を売り込みたい人ばかり。場所をこだわり見栄えのいい事務所を構えると、家賃と光熱費と什器で毎月固定費が掛かる。従業員を雇うと給料、社会保険といった人件費に加え、人の管理が大変になる・・・こんな状況が待っている。

 

そうはなりたくないはず。どうしたらこの状況を逃れられるのか?答えはいたってシンプル。もっと身軽にすることだ。余分なものはすべてそぎ落とす。必要なものだけやる。現に僕は身軽を実践してきた。創業して2年間は個人事業主、3年目から法人化したがずっと一人社長。スタッフは雇っていない。「三宅さん、従業員雇わないんですか?」周囲の人にそんなふうに言われたこともあった。でも全くそんな気にならなかった。そのことに価値を感じなかったからだ。

 

もちろん事業規模を大きくすると、一人ではできなくなって従業員を雇わなくてはいけなくなる。だから事業規模はそこそこでいいと思っている。大きくしたって意味がない。価値を感じなかった。それよりも自分がワクワクすること、やりたいことをその日その場ですぐにやる。一人で太刀打ちできないことが出たら仲間とチームをつくってやっていく。自由に動く。妄想を行動に移す。そんなフリーエージェントスタイルで生きてきた。これからもそうありたいと思う。

 

こんなスタイルの起業を「ピン起業」と呼びたい。ピンとは全部一人で!という意味。ピン芸人のピンだ。ピン起業の条件は「ないない尽くし」だ。余分なものがあるとできなくなる。そして、ピンになるには自分なりの行動規範をもって自分の一人の足で立つことが必要。「自律」と「自立」の両方をもつこと。行動規範のないところに自分の道は拓けない。「ここをモノサシにして生きている」そんなふうに言えるもの。ピン起業、自律的自由人にあなたもトライしてみたくないか?

 
「ないない尽くし」ピン起業セミナーはこちら ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: これからの起業は「ないない尽くし」のピン起業

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP