起業は市場があるからではなく情熱があるかが重要

2016.03.02 (水)

「こんなビジネスアイディアがあるんですけど、ニーズはあると思いますか?」「市場があるように思うのでビジネスにしてもたいのですが、いけると思いますか?」こんな起業相談をよく受けます。

 

市場やニーズがあるから起業するというのは違うと思います。大事なのはその仕事を創り出したいという想いです。だって市場ニーズがあるかなんて誰にもわからないですから。買う買わないを決めるのは自分や評論家ではなくお客さんですから。

 

先日起業前モヤモヤ相談カフェに30代の女性がいらっしゃいました。今、医療現場で仕事をしていらっしゃいました。障害のある方と向き合う毎日。でもその障害は世の中で知られていないもの。いわば「目に見えないバリアフリー」をつくっていきたいという内容でした。

 

——————————
ある経営コンサルタントの人に相談したら、まずお金のながれをつくりなさい、事業計画書を書きなさい、資金がいくらいるか考えるところが先です・・・と言われました。正直何もわかりません。でも今目の前にいる人を何とかしてあげたいんです。こんなことで仕事になるのでしょうか?
——————————

 

こんな話をしていただきました。迷うことなく「はい、仕事になります!」とお返事しました。この女性の話し方には一生懸命さが感じられました。しかも今まさに自分が現場にいて助けてあげたい人が目の前にいることも大きな要素です。仕事になりますどころではありません。絶対仕事にするべきです。

 

コンサルタントが言う通り、お金のながれや事業計画書も大切です。でもその前に必要なのはなぜその仕事がしたいのかの想いです。どんな人をどうしてあげたいのか、そこにしっかりとした想いが必要です。小手先の手法だけにながされてはいけません。

 

今世の中にある仕事をするのなら転職で十分です。今世の中にないけど「あったらいいな」に立ち向かう。起業家は自ら仕事を創り出していく人です。新しいことにチャレンジしていることそのものが価値があることなんです。起業は想いをもって取り組んでいきましょう。

 
身の丈自分サイズ起業セミナー ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業は市場があるからではなく情熱があるかが重要

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP