起業するならオリジナルな肩書きをつくろう

2016.07.29 (金)

「肩書き」ときいてどんなものをイメージしますか?「ファイナンシャルプランナー」「中小企業診断士」「グラフィックデザイナー」といったものでしょうか?起業家にとっての肩書きはそういうものではありません。肩書きは自分で創り出すものです。

 

職業は自分で決めるものです。起業とは自分で職業をつくることです。それを表すものは肩書きです。自分オリジナルの肩書きをつくるということは世の中にない仕事を創ることにつながります。

 

天職塾フリーエージェントアカデミー卒業生には、「色とココロのコンシェルジュ」「プロ合コンコーチ」「セカンドフィットネスパートナー」「じぶん旅プランナー」「キャリアをととのえる整理収納アドバイザー」といったオンリーワンな肩書きを名乗る人たちがいます。みんな「自分だけの仕事」を創った人たちです。

 

肩書きには不思議な力があります。名乗っているうちにどんどん肩書きに近づいていく自分がわかるようになります。サラリーマンならそれまで平社員だったのに、課長の肩書きがついたことでリーダーとしての自覚が芽生えてきたという経験があったりしませんか?

 

ちなみに僕は「天職デザイナー」と名乗っています。名刺交換をします。すると「天職デザイナー?何ですか、これ?」「デザイナーさんなんですか?」「天職デザイナーっていい名前ですね」いろんな質問や反応が返ってきます。

 

この質問が返ってくるというのがポイント。質問するということは相手は自分に関心をもってくれたということです。そして説明してくださいとまで言ってくれたということです。相手に自分のことを知ってもらうチャンスが生まれたことになります。何気ないことに思えるかもしれません。でも実際のビジネス現場で相手から興味をもってもらえるなんてそうそうないことなんです。

 

言葉があるから仕事が生まれます。肩書きは名乗ったもんがち。名乗った人がビジネスの先駆者です。「それってどんな仕事なんですか?」と訊かれたとき、小学5年生でもわかる言葉で端的に説明できるようになることが最終目標。

 

まず自分がやってみたい仕事を肩書きにするそのことで動き出す自分をつくってみてはどうですか?毎日をわくわく過ごす新しい自分が発見できるようになります。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するならオリジナルな肩書きをつくろう

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP