起業したらオンとオフはどうなるの?

2017.01.06 (金)

「年末年始はいつもですが、オンとオフの切り替えがうまくいかない。起業したらその切り替えはどんなふうにしているのですか?」先日のベーシック授業でメンバーからこんな質問を受けた。「そもそもオンとオフという区分けがないというか、切り替えなんて考えたことがないんですよ・・・」すかさず答えていた。

 

確かに会社に通っていた頃、お正月明けは仕事モードに戻すのが大変だった。お正月ムードというのが残っていて身も心もなまっていた。サラリーマン時代は平日はオン、週末はオフ。仕事をしているときがオン、休んでいるときがオフ。オフはしっかり休んでリフレッシュして気持ちを切り替える。そしてまた次の日からがんばる。こんな感じで過ごしていた。起業してからはその感覚がどんどん変わっていった。

 

起業してすぐの頃。自宅でほとんどの仕事をしていた。嫁さんも働いていたので送り出したら皿洗いや洗濯物干しなどの残った家事をする。ちょっと近くまで出かけようとしたら、奥さん連中がマンションの前にたむろって話している。「あそこのダンナさん、無職なのかしら?」そんなふうに思っていないかな?余計なことを考えて何だか後ろめたい気持ちになったのを覚えている。この頃はオンとかオフとかそれ以前の問題だった。

 

起業して2、3年が過ぎた頃。休みらしい休みなんてなかった。1年で丸一日休んだ日なんてなかったように思う。休むのがもったいないというか、いつも仕事をしていないとという感じだった。でもそれが苦痛と思ったことは一度もない。なぜなら自分で全てを決めて自分がコントロールしているから。この頃はまさに毎日がオンという状態。

 

そして起業して8年目になる今。寝てるとき以外はずっと営業体制。これは相変わらず。でも一方で毎日が仕事だと思ったことはない。仕事をしているという感覚をもったことがない。サラリーマン時代は「今日は仕事」と言っていた。イコール今日はオンという意味があった。でも今は「今日は仕事」と言ったことはおそらくないと思う。オンとかオフとかという言葉が存在しなくなった。

 

目指すゴールは仕事と遊びの垣根のない状態。仕事が遊びで遊びが仕事と言えること。それでちゃんと結果を出している自分でいること。家族を笑顔でしあわせにしていること。そんな実感を持ちながら、その日一日を一生懸命生きていけたら最高と思っている。

 
起業モヤモヤを解決!無料音声ガイドはこちら ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業したらオンとオフはどうなるの?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP