自分サイズ起業スタートのオフィスは必要ありません。

2015.09.28 (月)

独立起業するにはオフィスが必要。それもできるだけメインな場所につくりたい・・・
こんなことを思っていませんか?それってまちがいです。起業してすぐはオフィスは必要ありません。

 

なぜなら固定費がかかるからです。家賃と光熱費です。独立起業当初は売上が思うように上がりません。そんな中、家賃と光熱費の請求は毎月容赦なくやってきます。利益がないのに出ていくお金だけしっかりある・・・それがどんなことなのか、想像しただけでもわかりますよね?

 

ちなみにオフィスを借りるときには敷金、礼金、仲介手数料などが発生します。場所にもよりますが、総額ウン十万円です。独立スタートしたばかりで他にもお金が必要なとき、これは大きな出費です。

 

そもそもオフィスを構える目的が何かを考えてみてください。お客さんに来てもらうため?そんなことを考えているのなら改めてください。自分からお客さまのところへ行けばいいだけの話です。お客さまのところへ行ったら、現場が見れて先方のことがよりよくわかるという副産物も出てきます。お客さまからの見た目だけでオフィスなんて考えているのならもっての他です。

 

オフィスを構えるということは通勤が発生するということですね。わざわざ通勤を自分でつくるなんてムダなことをやめましょう。起業して自分で時間をコントロールできるようになった。でもあいかわらず満員電車に乗っていた・・・こんなナンセンスなことにならないように注意してください。

 

自宅だと落ち着いて作業ができないという人もいますね。であれば近所の図書館に行ってみるとか、カフェで作業するとか方法があります。机にかじりついていては、良い発想も出ませんから。場所を選ばず仕事ができるのもフリーエージェントの醍醐味のひとつですね。

 

僕の場合は起業して1年は自宅をオフィスにしました。その後、お付き合いするお客さまへの印象の問題で名刺に載せる住所をレンタル住所に変えました。事業を進めていく中で個別面談が主軸になったので面談できるようなスペースを借りました。レンタル住所を経て現在の自社オフィスにいたります。

 

独立後のオフィスは、お客さまから見た必要性、そのとき自分が置かれたステージに合わせてステップアップしていく方法をおすすめします。

 
【起業スタート時はできるだけ固定費をおさえる】
鉄則ですよ!
 

起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分サイズ起業スタートのオフィスは必要ありません。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP